更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



>>HEADLINEを見る



news 2019.2.22
 
「ニューニュータウン西尾久」始まります!
千葉敬介(東京R不動産)
 

いよいよ動き出す新プロジェクト、「ニューニュータウン」。荒川区の小さなまち「西尾久」に飛び込んで、店と場を開きます。そこで、店を出したり、働いたりする仲間を大募集! みんなで暮らす楽しさを感じられるまち、一緒につくりましょう。

「ニューニュータウン」いよいよ始まります!

みなさん「西尾久」という地名を聞いたことありますか? 不動産屋の僕らでも、ほとんど知らなかった小さなまち。そこで新たな一歩を踏み出します。

「まちに飛び込んで、楽しく使おう!」というプロジェクト、ニューニュータウン。

僕らはこのまちでスペースを運営しながら、みんなで暮らすことの楽しさを感じられる場所へと、このまちを変えようと思っています。

そこで、僕らと一緒にこのまちの新しい顔をつくってくれる仲間を大募集!

参加方法は大きく分けて4タイプ。自分の店を開いてまちの暮らしを豊かにしてもらったり、僕らの活動をサポートしてもらったりと、色々な参加の形を用意してます。ぜひご検討を!

僕らが店+スペース「おぐセンター(仮)」を開く建物は、商店街の中心にあってちょっとシンボリック。奥の赤い看板の部分で店をやる人を募集します(物件ページ

向かいでは、地元のご夫婦がカフェを開く予定。新しいまちの中心になりそうな感じに、ワクワクしてます

ここ数年、住む場所や暮らし方、そして人との関係のあり方が、大きく変わろうとしているのを感じます。

シェアハウスや、「住み開き」という言葉の広まり。そこに見られたのは、“個”へと分断された暮らしを、人との関係の中にもう一度呼び戻そうとする動き。

経済状況や働き方、そして生活スタイルの変化、さらに災害にも背中を押される形で、暮らしの場に人とのつながりを求める流れが生まれ始めました。

それはある意味で、人の本質的な欲求ともいえるものかもしれません。

でもよく考えてみれば、人と人とをつなげる機能は、本来なら家ではなくまちが担うべきもの。

ならば自然に集まりたくなる場のあるまちをつくろう。愛着を持って通いたくなる店が真ん中にあって、そこで人が自然につながれるまちにしよう。

そう思って、このニューニュータウンのプロジェクトを立ち上げました。

長い商店街に並ぶ、まちに開いた“顔”を持つ建物たち。眠らせるのはもったいない

小さくても温かい明かりを一緒にともしてくれる、すてきな人を待ってます。(物件ページ

西尾久には、一本の長い商店街が通っています。

かつて自転車で走れないほどにぎわっていたという商店街には、人影もまばら。シャッターが閉ざされた通りに、華やかだった時代の面影はありません。

この商店街をよみがえらせることは、僕らの力ではできそうもない。

でもせっかく店として使える建物が集まっている通り。その一部にいくつかの店がオープンして、“顔”をつくることができたなら、そこが新しいまちの中心になるはず。

そう思って、商店街の真ん中にいくつかの店舗物件を確保しました。

「おぐセンター(仮)」のイメージスケッチ。まちのみんなのリビングにしたい

4軒ある物件のうち、1軒は僕らが店とスペースを運営するのに使います。

その名も「おぐセンター(仮)」。ふらっと一人で入って食事もできるし、子どもが自由に遊んだり、集まって教室を開いたり、お茶をしながらおしゃべりしたりできる場所をつくります。

他の3軒は店舗として借りていただける物件。どれも家賃を軽くして、少ない負担で素敵な店を開いてもらえるように設定しました。

「おぐセンター(仮)」の向かいでは、地元の人が新しくカフェを開く予定。このカフェを共同で運営したり、スタッフとして働いたりという形で関わってくれる方も、同時に募集します。

並びには素敵な銭湯があって、その前のオープンスペースでは屋台の出店も可能。

他にも僕らの店でスタッフとして働いてもらったり、飲食部分を一緒に運営してもらったり。

と、色々あるので、もう少し詳しい説明をこちらに用意しました。
「ニューニュータウン西尾久」仲間を大募集!

それから物件情報はこちらにご用意。
パンチ、貸します【ニューニュータウン】
銭湯前で始めよう!【ニューニュータウン】

ぜひじっくりとご検討ください。

定期的に内覧会も開きますので、詳細はこちらでご確認を。
ニューニュータウン西尾久 フェイスブックページ

さらにさらに、3月16日のお昼からは、内覧会とあわせてゲストを招いてのトークイベントも開催!

「ブルーボトルコーヒー」や「ダンデライオン・チョコレート」のプロデュースを手掛ける株式会社WATの石渡康嗣さんと、京都で屋台村「崇仁新町」を展開する株式会社walksの小久保 寧さんをお迎えします。詳細は下のリンクからご確認ください。予約制です。
3/16内覧&トークイベント ニューニュータウン西尾久

ちなみに西尾久へは、山手線の田端駅から歩いて行かれます。駅からはちょっと距離がありますが、気軽にご参加いただけたらうれしいです。

店舗物件のお問い合わせは、各物件ページよりお送りください。それ以外のお問い合わせ、下見のご希望などは下の問い合わせフォームにてお受けしてます。

問い合わせフォーム

みんなに愛される銭湯「梅の湯」。隣に見えている店舗でも使い手を募集!(物件ページ

数軒隣の「天ふじ」では、まちの重要なキーマンでもあるご夫婦が、この笑顔で迎えてくれます。「梅の湯」も合わせて、みんなでギュッと集まれるこの感じが、西尾久に引き寄せられた大きな理由でした

関連コラム
 
おすすめコラム
 
カテゴリホーム
コラムカテゴリー
 
特徴 フリーワード
フリーワード検索
関連サービス
 
メールサービス
 
SNS
 
東京R不動産の本
 
公共R不動産のプロジェクトスタディ

公共R不動産の
プロジェクトスタディ

公民連携のしくみとデザイン




公共R不動産のプロジェクトスタディ

CREATIVE LOCAL
エリアリノベーション海外編

衰退の先のクリエイティブな風景




団地のはなし 〜彼女と団地の8つの物語〜

団地のはなし
〜彼女と団地の8つの物語〜

今を時めく女性たちが描く




エリアリノベーション 変化の構造とローカライズ

エリアリノベーション:
変化の構造とローカライズ

新たなエリア形成手法を探る




PUBLIC DESIGN 新しい公共空間のつくりかた

PUBLIC DESIGN
新しい公共空間のつくりかた

資本主義の新しい姿を見つける




[団地を楽しむ教科書] 暮らしと。

[団地を楽しむ教科書]
暮らしと。

求めていた風景がここにあった




全国のR不動産

全国のR不動産:面白く
ローカルに住むためのガイド

住み方も働き方ももっと自由に




RePUBLIC 公共空間のリノベーション

RePUBLIC
公共空間のリノベーション

退屈な空間をわくわくする場所に






toolbox 家を編集するために

家づくりのアイデアカタログ






団地に住もう! 東京R不動産

団地の今と未来を楽しむヒント






だから、僕らはこの働き方を選
んだ 東京R不動産のフリーエー
ジェント・スタイル






都市をリノベーション

再生の鍵となる3つの手法






東京R不動産(文庫版)

物件と人が生み出すストーリー






東京R不動産2
(realtokyoestate)

7年分のエピソードを凝縮






「新しい郊外」の家
(RELAX REAL ESTATE LIBRARY)

房総の海辺で二拠点居住実験






東京R不動産

物件と人が生み出すストーリー






POST‐OFFICE―
ワークスペース改造計画

働き方の既成概念を変える本