更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



news 2021.7.2
 
募集開始! 「まごころ×R不動産」人材育成プログラム
千葉敬介(東京R不動産)
 

地域を変える人材を育成するプログラム「まごころ×R不動産」。参加の受け付けを開始します。プログラムを通して、どこにでも入っていけて、仕事をつくり、生きていける、そんな頼もしい仲間をたくさん輩出できるように頑張ります! ご応募お待ちしてます。

R不動産とMIKAWAYA21が立ち上げる、地域を変える人材を育成するプログラム「まごころ×R不動産」。参加申し込みの受け付けを開始します!

これまで2回にわたってお伝えしてきたこのプログラム。先日は僕らの思いやプログラムの内容を語り合う座談会をオンラインで開催しましたが、見逃した方はこれまでの記事と合わせて、動画で確認してみてください。

地域を変える人材育成します! ニューニュータウン西尾久
「まごころ×R不動産」の野望 ニューニュータウン西尾久

僕らの思いやプログラムの内容を語った座談会(MIKAWAYA21公式チャンネル)
三つの柱

このプログラムを通して僕らが伝える内容は三つです。

一つは信頼関係をつくる方法。これは僕らがMIKAWAYA21のサービス「まごころサポート」と出会って衝撃を受けた部分です。

信頼という、見えない精神的なものを「つくる」ことができる。しかもその「方法」が科学され、構築され、誰でも実践可能なプログラムになっている。

だからどんな地域に行っても、そこで信頼という“インフラ”を構築して、それを武器に地域を変えていくことができます。

一軒一軒の家を訪問するという地道な活動の上に構築するものですが、僕らが見ていても驚くほどの速さで、しかも確実につながりができるのです。

今回のプログラムでは「まごころサポート」のサービスについて、聞いて学ぶだけでなく、荒川区のまちで実践的に体験してもらいます。

二つ目は仲間をつくること。地域を変えようと思うなら、仲間は欠かせない存在です。

自ら拠点を運営してきただけでなく、フランチャイズ本部として全国のFCを指導している青木さんやMIKAWAYA21のスタッフから、拠点の運営について具体的なノウハウを伝えます。

それだけでなくプログラムの中でも参加者でチームをつくって活動する予定。その体験も仲間づくりのトレーニングになるはずです。むしろ同じ志を持つ一生モノの仲間が実際にできたら最高だと思ってます。

三つめは地域での活動を実際にマネタイズしていくための不動産的なアプローチについて。建物やエリアの見立てから、空き家などの不動産の再生や活用、それを地域の活性化につなげいく手法まで、R不動産の仕事を通じて培ってきたことを伝えます。

R不動産では荒川区の西尾久という地域で、僕ら自身が運営する店舗を拠点に、周辺でのサブリースなどを組み合わせてエリアリノベーションに取り組んでいます。

そしてそれをきっかけに、荒川区内の広域のエリアを対象にした区のエリアリノベーション事業にも、まちづくりプロデューサーとして取り組み始めました。地域のさまざまな主体が参加するプラットフォームを運営しながら、地域内で同時多発的に立ち上がっている、民間事業者による自主的な地域活動を、エリア全体の活性化や課題解決につなげる事業を展開しています。

また同じチームで渋谷区のプロジェクトとして、空き店舗を活用した地域活性化を遂行中。

こうした活動についてもリアルタイムで教材として活用しながら、興味のある人にはプロジェクトの活動にも参加してもらいたいと思っています。

さらにゲスト講師も迎えて、さまざまな事例などにも触れる機会をつくります。

R不動産で荒川区と取り組んでいるエリアリノベーションも、リアルタイムの教材に

期間・曜日・時間も決定

スタートは7月24日を予定。そこから3ヶ月間、週2回のペースで実施していきます。

現時点での予定では、毎週水曜20:00~21:30と土曜19:00~21:00にオンラインで、毎月第3土曜の12:00~18:00は荒川区の西尾久に集まろうと思ってます。

レクチャーのスタイルと、実地での活動、そして対話形式を織り交ぜていく予定ですが、西尾久で行う回については「まごころサポート」で実際に家を訪問したり、お年寄りのサポートをしたりもします。

また基本的には3人組のチーム単位で活動する予定。上に書いた時間帯とは別にチームごとの自主的な勉強会などの活動が入ってくる想定です。

参加費は3ヶ月で15,000円。先日もお伝えした通り、ユニフォームや課題図書の実費分として使います。

こんな人を輩出したい!

このプログラムでの体験でどんな力を付けてほしいか。みんなで話しながら内容を考えてきました。

まずは何といっても人との関係をつくる力。相手のことを観察し、その人のニーズを掘り起こす洞察力が重要です。そしてそのニーズに対して解決を提供する力。課題に対応するための考える力を身に付けられるようにしたい。

相手のニーズや課題を察知し、それを解決する力が付いたなら、それを地域に対して応用するのが次のステップ。課題の抽出と、解決のための対応力を鍛えるというプロセスが、ここでもそのまま生きてくるはずです。さらに仲間をつくる力も身に付けたなら、あとは地域に入っていくばかり。

もちろんすぐに地域での活動を始める人ばかりではないでしょう。今後のために力をつけておきたいという人も多いかもしれません。

今はまだ会社に勤めながら機会をうかがっているという人も、ここでコミュニケーション力や、人を巻き込む力、アイデアをプレゼンテーションする力を身に付けたなら、きっと普段の仕事にも生かせるはず。

これからの人生でどんな仕事をしたり、つくったりして、どこでどんな風に生きていくのか。僕らも参加者一人ひとりと一緒に考えて、そのために必要なものを見つける3ヶ月にしたいと思っています。

そして全員が地域で稼げるようになること。それがゴールです。

そんな野望に付き合ってくれる方の参加をお待ちしてます。

「まごころ×R不動産」参加者募集

【プログラム概要】
期間:2021年7月24日~10月16日(約3ヶ月)
定員:21名
対象:30代ぐらいまでの、地域での活動を目指している方
参加費:15,000円(ユニフォーム、課題図書代)


【応募方法】
締め切り:2021年7月11日 24:00
応募書類:履歴書(形式は自由)、テーマ課題文、写真
課題文のテーマ:(2テーマ分をA4で1枚に記入/Wordデータなど)
 1.どのようにして人の役に立ちたいか
 2.世の中に対してモヤモヤしていること
写真のテーマ:これまで参加した活動など(なければご自身の雰囲気の分かる写真)

※次回の開催時に連絡をご希望の方はこちらからご登録ください
登録フォーム(googleフォーム)

関連コラム
 
おすすめコラム
 
カテゴリホーム
コラムカテゴリー
 
特徴 フリーワード
フリーワード検索
関連サービス
 
メールサービス
 
SNS
 
東京R不動産の本
 
公共R不動産のプロジェクトスタディ

公共R不動産の
プロジェクトスタディ

公民連携のしくみとデザイン




公共R不動産のプロジェクトスタディ

CREATIVE LOCAL
エリアリノベーション海外編

衰退の先のクリエイティブな風景




団地のはなし 〜彼女と団地の8つの物語〜

団地のはなし
〜彼女と団地の8つの物語〜

今を時めく女性たちが描く




エリアリノベーション 変化の構造とローカライズ

エリアリノベーション:
変化の構造とローカライズ

新たなエリア形成手法を探る




PUBLIC DESIGN 新しい公共空間のつくりかた

PUBLIC DESIGN
新しい公共空間のつくりかた

資本主義の新しい姿を見つける




[団地を楽しむ教科書] 暮らしと。

[団地を楽しむ教科書]
暮らしと。

求めていた風景がここにあった




全国のR不動産

全国のR不動産:面白く
ローカルに住むためのガイド

住み方も働き方ももっと自由に




RePUBLIC 公共空間のリノベーション

RePUBLIC
公共空間のリノベーション

退屈な空間をわくわくする場所に






toolbox 家を編集するために

家づくりのアイデアカタログ






団地に住もう! 東京R不動産

団地の今と未来を楽しむヒント






だから、僕らはこの働き方を選
んだ 東京R不動産のフリーエー
ジェント・スタイル






都市をリノベーション

再生の鍵となる3つの手法






東京R不動産(文庫版)

物件と人が生み出すストーリー






東京R不動産2
(realtokyoestate)

7年分のエピソードを凝縮






「新しい郊外」の家
(RELAX REAL ESTATE LIBRARY)

房総の海辺で二拠点居住実験






東京R不動産

物件と人が生み出すストーリー






POST‐OFFICE―
ワークスペース改造計画

働き方の既成概念を変える本