更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



>>HEADLINEを見る



news 2018.6.18
 
7/7イベント開催 ホビーで楽しむ不動産投資 第2回
千葉敬介(東京R不動産)
 

早くも人気企画になりつつある、新シリーズ「ホビー的不動産投資」。2回目のテーマは「“化ける”物件の見分け方」。このシリーズの本題に、さっそく切り込みます。“化ける”とは、つまり価値のギャップが生じること。ではギャップはどこにあるのか? つくり出すにはどんな物件を選べばいいのか? 具体例を交えてお話しします。

このシリーズの中で、聞いて一番ワクワクできるのが、今回のテーマかもしれません。

「見分け方」といっても単純な法則やセオリーではなく、センスと情報を複合的に組み合わせて解くパズルのようなもの。

なので読み解く楽しさもありながら、簡単にはクリアさせてもらえないゲームのようでもあります。

そしてこの“化ける”という視点を一度手に入れると、街や建物の見方が変わり、見慣れた風景が全く別のものに見えるような楽しさを味わえるはず。

ということで、今回は基本的な考え方をご紹介すると同時に、個別の事例にもなるべく多く触れていただくことで、まずは“化ける”物件を発掘する楽しみを感じていただけたらと思います。

なぜ物件が“化ける”のか?
それは価値のギャップが発生するからですが、その要因はさまざまです。

基本となる、内装や建物の状態・ポテンシャルはもちろんのこと、立地や周辺環境を逆手に取るようなギャップの出し方もあります。今回はそんな事例の数々を紹介できればと思います。

他にも、特定のユーザー層や業種にフォーカスすることで生まれるギャップ、ソフト面での企画やサービスでつくり出せるギャップなど、物件ごとに手法はさまざま。

またギャップというと特殊な状態というイメージも強いかもしれません。実際に、R不動産では特殊な物件が大人気になることも多く、僕らならではの強みとして、とても有効です。

しかし逆に、純粋に良いものをつくる、本当に求められているものを提供する、という方法も、ギャップを生み出す有効な手段になることが多々あります。

と……。

体系的にお伝えするのがなかなか難しいテーマではありますが、それだけに一度考え始めると、あれはどうだ? これもアリかも? と、妄想が止まらなくなる楽しさを感じていただけるはず。

この「ホビー的不動産投資」シリーズは、各回が独立しているので、第1回に参加されていない方でもご参加いただけます。

今回は少し大きめの会場ですが、気軽にご参加いただけたらうれしいです。

聞くR不動産 第15回
「ホビー的不動産投資 Vol.2 “化ける”物件の見分け方」

日時:2018年7月7日(土) 17:30~19:00(17:00開場)
会場:Impact HUB Tokyo
住所:東京都目黒区目黒2-11-3 印刷工場1階 (MAP
定員:100名
参加費:無料
参加方法:事前予約制(先着順)
以下のリンク先にてお申し込みください

申し込みページ(Peatixサイト)

関連コラム
 
おすすめコラム
 
カテゴリホーム
コラムカテゴリー
 
特徴 フリーワード
フリーワード検索
関連サービス
 
メールサービス
 
SNS
 
東京R不動産の本
 
公共R不動産のプロジェクトスタディ

公共R不動産の
プロジェクトスタディ

公民連携のしくみとデザイン




公共R不動産のプロジェクトスタディ

CREATIVE LOCAL
エリアリノベーション海外編

衰退の先のクリエイティブな風景




団地のはなし 〜彼女と団地の8つの物語〜

団地のはなし
〜彼女と団地の8つの物語〜

今を時めく女性たちが描く




エリアリノベーション 変化の構造とローカライズ

エリアリノベーション:
変化の構造とローカライズ

新たなエリア形成手法を探る




PUBLIC DESIGN 新しい公共空間のつくりかた

PUBLIC DESIGN
新しい公共空間のつくりかた

資本主義の新しい姿を見つける




[団地を楽しむ教科書] 暮らしと。

[団地を楽しむ教科書]
暮らしと。

求めていた風景がここにあった




全国のR不動産

全国のR不動産:面白く
ローカルに住むためのガイド

住み方も働き方ももっと自由に




RePUBLIC 公共空間のリノベーション

RePUBLIC
公共空間のリノベーション

退屈な空間をわくわくする場所に






toolbox 家を編集するために

家づくりのアイデアカタログ






団地に住もう! 東京R不動産

団地の今と未来を楽しむヒント






だから、僕らはこの働き方を選
んだ 東京R不動産のフリーエー
ジェント・スタイル






都市をリノベーション

再生の鍵となる3つの手法






東京R不動産(文庫版)

物件と人が生み出すストーリー






東京R不動産2
(realtokyoestate)

7年分のエピソードを凝縮






「新しい郊外」の家
(RELAX REAL ESTATE LIBRARY)

房総の海辺で二拠点居住実験






東京R不動産

物件と人が生み出すストーリー






POST‐OFFICE―
ワークスペース改造計画

働き方の既成概念を変える本