更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



>>HEADLINEを見る



news 2018.4.23
 
5/12イベント開催 「ホビーで楽しむ! 不動産投資」
千葉敬介(東京R不動産)
 

シリーズ「聞くR不動産」に新展開。ハードルが高いと思いがちな不動産投資を、ホビーのように楽しもう! という企画がスタートです。キーワードは「化ける」。リノベーションのノウハウを駆使して、見捨てられていた建物を人気物件へと育て上げます。

R不動産では扱うのが難しいと思っていた、投資用不動産。

でも、まるでホビーを楽しむような感覚で、初めての人でも物件を持つことができるかもしれません。しかもプロに負けないぐらいの数字を出すことだってできるのです。

これまで直感的には可能性がありそうだと思いながらも、実証に至っていなかった感覚が、いくつかの実践を通して確証へと変わりました。

ポイントはいかに「化けさせる」か。つまり、クリエイティブな感性と、マーケットを読む洞察力で、ボロいビルを人気物件へと生まれ変わらせる、ということです。

一般的にいえば、投資用の不動産を持つ上で最大のポイントは、どれだけ安く物件を“仕込める”かにかかっている、といっても過言ではありません。

逆にいえば、相場よりも安く買えるルートを持たない一般の人には、一歩目である物件の購入が最大のハードルだともいえます。

そんな常識を覆すチャンスが、「化けさせる」ことで見えてきます。

例えば、1棟の古くてボロボロなビルがあったとします。汚いこの建物を借りたいという人は少なく、全て空室状態のビルは、投資家から見ても“利回り”が期待できないので買い手がつかない。そこで物件の情報は、プロ以外も見ることができる一般の不動産市場に出されることになります。

これが“ホビー”な感覚で育てて楽しむ物件の、典型的なパターンです。

これまで培ってきたリノベーションのノウハウで再生すれば、R不動産のお客さんが飛びつくような、魅力的な物件に育て上げることができる。その原石ともいえるのが、こんな物件なのです。

撮影:Akira Nakamura

一般的には利回りが低く、割高だと思われるボロ物件を、リノベーションの力で磨き上げ、お宝に変えてしまう。そのための情報やリソースを提供するのが、今回から始まる「ホビー的不動産投資」のシリーズです。

全6回ほどでお届けする予定のこのシリーズでは、物件の選び方や買い方、戦略の立て方から、人気物件にするためのリノベーション、工事などに必要な情報まで、毎回テーマを絞ってお伝えしていこうと思います。

初回はイントロ的に僕らの考えをお伝えしつつ、これから目指す世界について事例などを交えながら紹介します。

全部の回に参加していただくことも、気になる回だけ参加していただくことも可能。2カ月に1回ぐらいのペースで開催したいと思っています。

そしてもうひとつのテーマが「ホビー」です。

ホビーといえば、愛情やお金、時間を注ぎ込んで、心の充足を得るもの。

では不動産をホビーにするとは、どういうことか? そこに愛情や時間を注ぎ込むのはいいけれど、投じるお金がホビーな金額では済まないじゃないか……。と思う方も多いでしょう。

でもそれは“買う”という一瞬を切り出した場合の話です。

ホビーとして楽しむ不動産は、精神的な充足だけでなく、家賃というみかえりももたらしてくれるのが、一番の特徴。つまり注いだ愛情や手間が、お金になって返ってくる。そしてそれを元手に、次なる「おもちゃ=建物」を買うことだってできてしまう。

これぞ「オトナの遊び」なのだといえるかもしれません。

ホビーな不動産投資の実践者でもあるメンバーの室田啓介が「オトナの遊び」の世界へとナビゲートします

しかも思いを込めてつくった建物は、そこで働く人・住む人の暮らしを豊かにし、街に活気や賑わい、憩いを与える存在にもなるのです。

そんな建物がひとつのエリアにいくつかできれば、街の価値すら上げてしまうことになる。

その時に“おもちゃ”がもたらしてくれるみかえりも、最大化することになります。

だとすれば、そんな志を持って、ともにボビーを楽しむ人たちが集まるコミュニティを、僕らがつくればいい。そうすれば、1棟の建物を持つだけではできない街へのアプローチを、一緒に考えることもできるし、何よりも情報やノウハウ、物件の運営に必要なリソースを共有することで、プロにも負けない強さを持てるかもしれません。

それがこの「ホビー的不動産投資」の会を開こうと思った一番の理由です。

いつもの「聞くR不動産」は、僕らから情報をお届けする、一方向の関係ですが、この「ホビー的不動産投資」の会では、日常的に情報や質問などをやり取りしたり、参加者どうしが情報を共有したりできる集まりを目指しています。

今まで不動産投資なんて考えたことがなかった、という方も歓迎。気軽に参加していただけたらうれしいです。

聞くR不動産 第12回
「ホビー的不動産投資 Vol.1」

日時:2018年5月12日(土) 17:30~19:00(17:00開場)
会場:レンタルスペース さくら 恵比寿南 3F
住所:東京都渋谷区恵比寿南1-20-9 (MAP
定員:30名
参加費:無料
参加方法:事前予約制(先着順)
以下のリンク先にてお申し込みください

申し込みページ(Peatixサイト)

関連コラム
 
おすすめコラム
 
カテゴリホーム
コラムカテゴリー
 
特徴 フリーワード
フリーワード検索
関連サービス
 
メールサービス
 
SNS
 
東京R不動産の本
 
公共R不動産のプロジェクトスタディ

公共R不動産の
プロジェクトスタディ

公民連携のしくみとデザイン




公共R不動産のプロジェクトスタディ

CREATIVE LOCAL
エリアリノベーション海外編

衰退の先のクリエイティブな風景




団地のはなし 〜彼女と団地の8つの物語〜

団地のはなし
〜彼女と団地の8つの物語〜

今を時めく女性たちが描く




エリアリノベーション 変化の構造とローカライズ

エリアリノベーション:
変化の構造とローカライズ

新たなエリア形成手法を探る




PUBLIC DESIGN 新しい公共空間のつくりかた

PUBLIC DESIGN
新しい公共空間のつくりかた

資本主義の新しい姿を見つける




[団地を楽しむ教科書] 暮らしと。

[団地を楽しむ教科書]
暮らしと。

求めていた風景がここにあった




全国のR不動産

全国のR不動産:面白く
ローカルに住むためのガイド

住み方も働き方ももっと自由に




RePUBLIC 公共空間のリノベーション

RePUBLIC
公共空間のリノベーション

退屈な空間をわくわくする場所に






toolbox 家を編集するために

家づくりのアイデアカタログ






団地に住もう! 東京R不動産

団地の今と未来を楽しむヒント






だから、僕らはこの働き方を選
んだ 東京R不動産のフリーエー
ジェント・スタイル






都市をリノベーション

再生の鍵となる3つの手法






東京R不動産(文庫版)

物件と人が生み出すストーリー






東京R不動産2
(realtokyoestate)

7年分のエピソードを凝縮






「新しい郊外」の家
(RELAX REAL ESTATE LIBRARY)

房総の海辺で二拠点居住実験






東京R不動産

物件と人が生み出すストーリー






POST‐OFFICE―
ワークスペース改造計画

働き方の既成概念を変える本