更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



>>HEADLINEを見る



column 2017.3.24
 
【連載】街を面白くするルールをつくろう
第1回 今なぜ、僕らがルールを語るのか?
林 厚見(東京R不動産/SPEAC inc.)
 

日本の街が面白く幸せであるために、新しいルールが必要なんじゃないか? というテーマで、西村 浩さん(都市・土木・建築デザイナー)と、東京R不動産の馬場正尊・林 厚見の3人で座談会を行いました。この模様を3回に渡ってお届けします。

ワークヴィジョンズの西村 浩さん(右)を迎えて座談会を行いました

林:まずこの企画の背景をちょっと説明します。僕らはR不動産を通じていろんな物件と人をつないできたわけですけど、それは単に古い建物バンザイという話じゃなくて、元をたどれば「街を面白くしたい」というのがあって、R不動産はそのための一つの手段なんだと思っています。僕らなりの小さな都市計画というか。

馬場:まあそうだよね。不動産屋やるのが目的だったわけじゃないし。具体的な場所をつくったり、リノベしたりもしながら、街に面白い場所を増やしている、と。

林:で、いろんな空間をつくるのも、つなげるのも、街を面白くしていく方法なんだけれど、僕らの仕事は当然、法律とか条例とかいろんなルールの中でやっているわけです。でもそのルールが自由で面白い発想を阻んでるなとか、街の姿をおかしくしているな、と思うことって多いですよね。あるいは逆に、こういうルールがあったらいいんじゃないかとか。そこで、そのあたりの話を面白くかつ現実的に共有・発信していくウェブメディアを立ち上げようと思っています。今日はそのイントロです。

西村:なるほど。そうした話がわかりやすく世の中に伝わる場は、今まであまりなかったよね。関心は高まってると思う。そういえば前に馬場さんが国交省に直談判しに行った記事があったよね。空き家問題で騒いでいるのに、古い建物の用途を変えるには高いハードルがあって、まずいでしょっていうやつ。

林:ありましたね。でも僕らも今まで、法律をはじめとした街のルールを良くするための動きって、それほどしてきたわけじゃないなと……。今は昔のように、都市のかたちを誰かが強い権力でつくるってことはできないから、ルールに従って動く多くのプレーヤーたちが、いわば自然増殖的につくりあげているわけです。実際、建築基準法とかの法律で、建物の形はかなり決まってくるし、この場所では店をやっちゃいかんとか、そういうルールという“OS”が街の姿をデザインしてるともいえますよね。でもその“OS”には多分バグのようなものもあるし、柔軟に使いこなすにはちょっと重い。これをもっとクリエイティブに変えていくことは大事だし、そのために僕らは知恵を出したり、叫んだりしてもいいんじゃないかと思うわけです。

西村:今日はちょうど国交省で、新しいルールの話を聞いてたんだけどね。国はかなり動いているなと思ったんだよね。なかなか面白い状況になってきてるなと思った。ただ、なんか僕らの周りのまちづくりやってるアツい人たちの熱量みたいなものと、上の方でやっている議論の雰囲気は、けっこうギャップがあると思ったんだよね。

三軒茶屋の「三角街」にある横丁

横丁の容積移転

林:なるほど。そのギャップを埋めていくようなことをしたいんですよね。ところで僕は都市のルールに関していうと、個人的に思いが強いのは「横丁をなくすな!」ってやつなんですよ。武蔵小山の路地街はなくなってタワーが建つし、今住んでいる三軒茶屋の三角街(ごちゃごちゃの細い路地に飲み屋が密集している一帯)も、再開発の噂が絶えない。僕はああいう空間が好きなので残ってほしいし、東京の魅力とか競争力といった視点でいっても、なくならない方がいい。

馬場:だよねえ。でもその敷地だけで考えるなら、超高層にしてしまった方が地主は儲かるから、どうしても消えていくわなぁ。

西村:それを規制すると、それこそ財産権の侵害みたいな話も出てきちゃうしね。

林:地主にとっても、ディベロッパーにとっても、その方がありがたいのは当然ですからね。だけど東京にとってああいう場所があるのは、経済的な意味も含めて価値がある。10が1になっていくのは仕方ないけど、0にしてはいけないっていうものはありますよね。ああいうのは、まさにそれだと思うんですよ。

馬場:長期的に考えればそう思うよね。そういえば東京駅の駅舎って色々あったけど、結局残ったよね。

西村:あれは向かいの東京中央郵便局のビルに、容積率を移転したんだよね(注:東京駅の上を高層化して建てられる分の権利=空中権を、東京中央郵便局など周辺の土地所有者に売った)。横丁も同じことやればいいってことじゃない?

東京駅(左)は高層化できる分の権利=空中権を、旧東京中央郵便局(中央)など周辺の土地所有者に売ることで500億円とも言われる改修費用を捻出した

林:あ……そうですね。「横丁の空中権売買」をやる、と。地主たちは高層にすれば利益が得られる立場だから、低層の状態のままにしろといきなり決められたら「ふざけるな!」となるけど、その機会利益みたいなものを、ある程度与える方法ってことですね。かなりアリな感じがします。

馬場:あとさ、横丁とか木造密集エリアって、防災の話があるよね。火事で消防車が入れないっていう。防災・安全っていうのは何より強い話だし、実際に大事だから……これはどうしよっか?

西村:消防は……地面に機械を埋め込んでおいて、バーっとやるんじゃない?

林:ドローンから水をまくとか。

馬場:木造でも防火仕様にする方法も、けっこうあるんだけどね。あと耐震の話もあるけど、それはむしろ木造でも補強はできる。防災の話は、技術でけっこうカバーできると思うよ。お金はかかるけどね。

西村:必要な防災対策をすれば容積率・空中権を売ることができて、コストや利益も捻出できる、みたいなイメージで考えるんだろうな。

林:それって今のルールではできるんですかね? 特例地区とか、そういうやつだと思いますけど、自分も知識が足りていないので、そのあたり学んでいきたいなあ。

(第2回に続きます)

ボランティアメンバー募集
日本の街が面白く幸せであるために、ルールのこれからを考え、情報を共有・発信していくウェブメディアの立ち上げを準備中。リサーチなどでサポートをしていただくボランティアメンバーを募集します。ご興味のある方は下のリンクよりご連絡ください。お待ちしてます!

問い合わせフォーム

関連コラム
 
連載記事一覧
 
おすすめコラム
 
カテゴリホーム
コラムカテゴリー
 
特徴 フリーワード
フリーワード検索
関連サービス
 
メールサービス
 
SNS
 
東京R不動産の本
 
公共R不動産のプロジェクトスタディ

公共R不動産の
プロジェクトスタディ

公民連携のしくみとデザイン




公共R不動産のプロジェクトスタディ

CREATIVE LOCAL
エリアリノベーション海外編

衰退の先のクリエイティブな風景




団地のはなし 〜彼女と団地の8つの物語〜

団地のはなし
〜彼女と団地の8つの物語〜

今を時めく女性たちが描く




エリアリノベーション 変化の構造とローカライズ

エリアリノベーション:
変化の構造とローカライズ

新たなエリア形成手法を探る




PUBLIC DESIGN 新しい公共空間のつくりかた

PUBLIC DESIGN
新しい公共空間のつくりかた

資本主義の新しい姿を見つける




[団地を楽しむ教科書] 暮らしと。

[団地を楽しむ教科書]
暮らしと。

求めていた風景がここにあった




全国のR不動産

全国のR不動産:面白く
ローカルに住むためのガイド

住み方も働き方ももっと自由に




RePUBLIC 公共空間のリノベーション

RePUBLIC
公共空間のリノベーション

退屈な空間をわくわくする場所に






toolbox 家を編集するために

家づくりのアイデアカタログ






団地に住もう! 東京R不動産

団地の今と未来を楽しむヒント






だから、僕らはこの働き方を選
んだ 東京R不動産のフリーエー
ジェント・スタイル






都市をリノベーション

再生の鍵となる3つの手法






東京R不動産(文庫版)

物件と人が生み出すストーリー






東京R不動産2
(realtokyoestate)

7年分のエピソードを凝縮






「新しい郊外」の家
(RELAX REAL ESTATE LIBRARY)

房総の海辺で二拠点居住実験






東京R不動産

物件と人が生み出すストーリー






POST‐OFFICE―
ワークスペース改造計画

働き方の既成概念を変える本