更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



news 2016.7.5
 
「三浦トライアルステイ」募集開始!
松田東子(東京R不動産)
 

今年もやります! 昨年の秋に76組のご応募をいただき、21組の参加者の内、1組が二拠点居住開始、その他の方も移住検討中と、大きな反響を得た「三浦トライアルステイ」。2016年度の参加者募集を開始します。

※募集は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

品川から約1時間、自然あふれる三浦で暮らしてみませんか?

「トライアルステイ」とは

このプログラムは、移住や二拠点居住を考えている方に、市内の物件を貸し出し、一定期間暮らしてみていただくことで、移住や二拠点居住の可能性を探っていただくためのもの。ステイする物件は、戸建てありマンションあり、ロケーションも海の前、畑ビュー、交通の便のよいものなど、各種準備中です。(物件についての情報は、7月半ばに発表します。)

期間は9月半ばから11月にかけて。今年も7物件×3期間、21組を募集します。

森を散策。自然が豊かな三浦市は“待機児童ゼロ”。子育てにもぴったりの環境です。

自然・食・魅力いっぱいの三浦

前回参加者からは、三浦の魅力について、「自然がすぐそば」「朝日も夕日も楽しめる」「とにかく食べ物がおいしい」などの声が寄せられました。通勤については、近いと感じる方も、遠いと感じる方も。やはり何事も試してみないとわかりません。だからこそ、移住や二拠点居住を検討されている方、お試しで三浦に住める、この機会を活用してください。

朝市で買い出し、海でバーベキュー、ご近所さんにもらった野菜で鍋パーティー、スタンドアップパドルサーフィンに挑戦、ヨットチームに加入、釣り三昧、自転車で自宅から三浦まで走破、海を見ながら仕事、通勤時間に映画、子どもと星空観察……これは、参加者がトライアルステイ中に試してみたことのほんの一部。期間中に行われる市内ツアーや交流会で仲良くなって、参加者同士、お互いのステイ先を訪ねたり、地元の人と飲んだりといったことも。

参加者同士で釣りへ。船は物件オーナーでもある地元の釣船屋さんが出してくださったのだそう。

「リノベーションスクール」も同時開催。より充実したプログラムに。

前回は各期2週間のプログラムでしたが、もう少し長く試したかった、という声に応えて、今回、第1期の期間を1カ月としました。 さらに第1期実施期間中には、「リノベーションスクール」(※)を開催。リノベーションスクールとは、市内にある遊休不動産の有効的な再生方法について、まちの未来を考えながら模索し、実際の活用に繋げて、遊休不動産の再生だけでなくエリアの再生を目指すスクールです。まちをよくしたい! という意欲に満ちた受講者や講師が全国から三浦に集う3日間。三浦エリアが生まれ変わる瞬間に立ち会えるかもしれません。

また、全期間を通して複数回、住民・移住者の方との交流会、市内ツアー、物件ツアーなどを行います。二拠点居住を始めた前回参加者を運営メンバーに迎え、より参加者目線で、移住・二拠点居住を始めたい方の背中を押せる企画を目指しますのでお楽しみに。

前回の参加者が、三浦と移住を考えるワークショップを企画し開催。たくさんの人が熱く語り合いました。三浦の「三」ピースで記念撮影。

レンタサイクルも

幹線道路沿いはバス便が充実している三浦市ですが、車はあると便利。では持っていない人はどうしたら? そんな方のために、京浜急行電鉄株式会社と連携して、期間中、割安でレンタサイクルもご利用いただけます(有償・平日限定・数には限りがあります)。アップダウンが激しく、本格的なサイクリストもたくさん訪れる三浦ですが、ご用意する自転車は電動ですのでご安心ください。

■トライアルステイ詳細
期間:以下より期間をお選びください。
第1期:2016年9月17日~2016年10月16日(最低滞在日数13日 ツアー・イベント開催日9月18日)
第2期:2016年10月22日~2016年11月6日(最低滞在日数7日 ツアー・イベント開催日10月23日)
第3期:2016年11月12日~2016年11月27日(最低滞在日数7日 ツアー・イベント開催日11月19日)
地域:神奈川県三浦市
対象者:三浦市への移住を検討されている方
応募締め切り:2016年7月31日(日)(応募状況によっては二次募集を行います。)
定員:21組
条件:
・参加保証料20,000円(デポジット)、契約事務手数料第1期30,000円/第2期・第3期15,000円、火災保険料15,000円を参加時にお支払いいただきます。
・参加保証料は退去時に返金いたします。
・火災保険料は1年分をお支払いいただき、終了後に、日割計算で保険会社から返金します。
・実施期間中に行われる交流イベント、および市内ツアーには原則ご参加をお願いします。
・実施期間中の日誌の記入と、終了後の行動調査アンケートにご協力いただきます。
注意事項:
・トライアルステイで使用する物件は、実際に移住する時に入居できるとは限りません。
・ご使用いただく物件は、世帯構成、ペットや車の有無などにより事務局が選定いたします。
・洗濯機・冷蔵庫等、最低限の家電は用意がありますが、その他設備の状況は物件ごとに異なります。詳細は参加決定時にお知らせいたします。
・寝具、リネン、タオル等はご持参ください。
・交通の便が悪い物件もあるため、車の手配は各々行っていただきます。
・定員を超えた場合は、頂いたアンケートをもとに事務局で選考いたします。
・未成年のみでの参加はできません。

事業主体(事務局):三浦市・学校法人東洋大学・R不動産株式会社
問い合わせ窓口:三浦市政策部市長室046-882-1111(内線442)

※募集は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

※リノベーションスクールは2016年9月30日(金)から10月2日(日)までの2泊3日で開催します。スクールでは、4つの遊休不動産を対象として、ユニットと呼ばれる受講者のグループに分かれ、1案件を1ユニットが担当し、案件に対するリノベーションの事業プランを練り上げます。スクール最終日には対象不動産のオーナーに直接提案し、スクール後は提案をもとに実事業化を目指します。また、リノベーションスクールの開催に合わせ、シンポジウムを開催します。詳細は以下の三浦市HPをご確認ください。
三浦市/トライアルステイ(お試し居住)&リノベーションスクール

関連コラム
 
おすすめコラム
 
カテゴリホーム
コラムカテゴリー
 
特徴 フリーワード
フリーワード検索
関連サービス
 
メールサービス
 
SNS
 
東京R不動産の本
 
公共R不動産のプロジェクトスタディ

公共R不動産の
プロジェクトスタディ

公民連携のしくみとデザイン




公共R不動産のプロジェクトスタディ

CREATIVE LOCAL
エリアリノベーション海外編

衰退の先のクリエイティブな風景




団地のはなし 〜彼女と団地の8つの物語〜

団地のはなし
〜彼女と団地の8つの物語〜

今を時めく女性たちが描く




エリアリノベーション 変化の構造とローカライズ

エリアリノベーション:
変化の構造とローカライズ

新たなエリア形成手法を探る




PUBLIC DESIGN 新しい公共空間のつくりかた

PUBLIC DESIGN
新しい公共空間のつくりかた

資本主義の新しい姿を見つける




[団地を楽しむ教科書] 暮らしと。

[団地を楽しむ教科書]
暮らしと。

求めていた風景がここにあった




全国のR不動産

全国のR不動産:面白く
ローカルに住むためのガイド

住み方も働き方ももっと自由に




RePUBLIC 公共空間のリノベーション

RePUBLIC
公共空間のリノベーション

退屈な空間をわくわくする場所に






toolbox 家を編集するために

家づくりのアイデアカタログ






団地に住もう! 東京R不動産

団地の今と未来を楽しむヒント






だから、僕らはこの働き方を選
んだ 東京R不動産のフリーエー
ジェント・スタイル






都市をリノベーション

再生の鍵となる3つの手法






東京R不動産(文庫版)

物件と人が生み出すストーリー






東京R不動産2
(realtokyoestate)

7年分のエピソードを凝縮






「新しい郊外」の家
(RELAX REAL ESTATE LIBRARY)

房総の海辺で二拠点居住実験






東京R不動産

物件と人が生み出すストーリー






POST‐OFFICE―
ワークスペース改造計画

働き方の既成概念を変える本