更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



>>HEADLINEを見る



column 2013.5.21
 
西大島プロジェクト
第4回「ナイト内覧会、やります!」
馬場正尊(東京R不動産/Open A)
 

5月27日(月)19;00-、ナイト内覧会を行います。連載している西大島プロジェクト、この物件の上階は眺めがいい。とくに夕刻から夜にかけて、窓からはだだっぴろく広がる東京やスカイツリーが部屋から見えています。せっかくなので、このいい時間帯で内覧会を一度だけ行おう、ということになりました。遅めの時間ですが興味のある方はぜひ。同時に、コンセプトや設計ポイントなどの説明も行います。コラムの末尾に詳細を掲載しています。

※内覧会は終了しました。ご来場くださった皆様、ありがとうございました!

最上階北側からのスカイツリーと明治通り街灯のうつくしい夜景。

長いワンルームを自在にゾーニング、家具で部屋をつくっていく感覚。

バルコニー側から玄関側を見る。

西大島プロジェクトの4つのプランの最後「D-TYPE」。これは細長いワンルームのスタジオ型。

家具の配置によって、それをどうゾーニングしていくかがポイントになっている。一見、手掛かりがなくて難しい間取りに見えるが、工夫次第で自分にあった空間をつくり出すことが可能だ。自由度が高い反面、住む人を選ぶかもしれない。 現地では、何もないプレーンな部屋と、例えばのインテリアを示したモデルルームをつくってみた。

「自由の壁」

D-TYPEスタジオワンルームプラン。

この自由度の高い空間、それをうまく使いこなしてもらうための、いくつかの工夫をしてみた。

まずワンルーム型だと、玄関を入っていきなり室内が全部見渡されることに抵抗感がある。だから玄関には大きな帆布を入れて目隠し可能とした。宅急便が突然やってきても大丈夫。またその布が空間に表情をつくる。

玄関から部屋内を見る。左:帆布を開けたところ。右:帆布を閉めたところ。

それを抜けると、長い空間が姿を見せる。奥までぐっと伸びた空間はちょっと珍しい。
この部屋の最大の特徴は、下の写真の「自由の壁」の存在だ。

棚を付けたり、照明を引っ掛けたり、フォトフレームをかけたり。

釘やビスを自由に打ち付けていい壁。
普通、マンションの壁に穴を開けるわけにはいかず、画びょうでも抵抗感がある。でもこの部屋の片面の壁には木材のぶ厚くて強い構造用合板があらかじめ貼ってあり、その範囲は自由にカスタマイズ可能となっている。それを「自由の壁」と呼んでいる。

ビス一本打てない日本の賃貸マンションの原状に対し、何らかの問題提起をしたくて必死にクライアントを説得した。

荷重の制限もあるが、本棚も大容量いける。

やってみると案外楽しい。
「R不動産 toolbox」とコラボして、その壁をスタイリングしてみた。木質の少々荒い壁に、いろんな家具やパーツを取り付けてみた。けっこう簡単に、そして自由に設置が可能だ。

R不動産 toolbox

さまざまな生活のパターンを想像して欲しい

モデルルームの「自由の壁」の展開図とそれぞれのシーン。 写真左から、ダイニングテーブル、本の大収納、シアタースペース、靴収納。

一番奥、窓側に寝室のエリアを持ってきた。小上がりをつけることで空間を分節するのと同時に、大きな収納を獲得。ちょっと低くなった天井が微妙な落ち着きを与える。

玄関と同様に、壁一面の帆布をしつらえているので中を見せないことも可能。人がいるときは閉めて、一人の時は開いて伸び伸びと空間を使う。

小上がりの寝室スペース。帆布で柔らかく仕切ることもできる。

この部屋は家具の配置によって、住み手が自由に空間を分節できるのが特徴だ。

「自由の壁」を使いこなし、ソファーや本棚で奥の見え隠れをコントロールし、さまざまな生活のパターンを想像して欲しい。家具の配置を工夫することで、長い空間を領域に分割してゾーニングすることで生活を組み立てていく。住むだけではなく、例えばSOHOのように働きながら住むことにも向いている。場所も駅から近い。

D-typeの家具配置例。

長い空間を領域/ゾーンでゆるやかに区切って行く、部屋でなくエリアゾーニングで間取りを考える、このプロジェクトを象徴する部屋だ。

nLDKという今までの部屋の概念のなかに住んで本当に幸せだったのか? 自分の間取りは自分でつくる、そういうコンセプトの方に住んで欲しいプラン。

こちらがすべてのタイプのプラン。

■内覧会の詳細
※内覧会は終了しました。ご来場くださった皆様、ありがとうございました!

日時:2013年 5月27日(月)  19:00 ~ 21:00

本物件の夜景の素晴らしさを体感していただくべく、特別に夜の内覧会を一日だけ開催することになりました。当日は、各室内のご案内の他に、ベランダに出て眺望を楽しんでいただくことも可能です。また、サービスドリンク(いい季節になってきたのでビールを!!)ご用意してお待ちしております。
この機会にぜひ一度ご体験ください!

※当日はOpen Aの馬場と東京R不動産のスタッフから住まい方や、デザインやコンセプトについての説明も行います。ぱっと見はわかりにくいプランですが、設計者の想いを感じていただければ。

会場:レスピール西大島

連載記事一覧
 
おすすめコラム
 
カテゴリホーム
コラムカテゴリー
 
特徴 フリーワード
フリーワード検索
関連サービス
 
メールサービス
 
SNS
 
東京R不動産の本
 
公共R不動産のプロジェクトスタディ

公共R不動産の
プロジェクトスタディ

公民連携のしくみとデザイン




公共R不動産のプロジェクトスタディ

CREATIVE LOCAL
エリアリノベーション海外編

衰退の先のクリエイティブな風景




団地のはなし 〜彼女と団地の8つの物語〜

団地のはなし
〜彼女と団地の8つの物語〜

今を時めく女性たちが描く




エリアリノベーション 変化の構造とローカライズ

エリアリノベーション:
変化の構造とローカライズ

新たなエリア形成手法を探る




PUBLIC DESIGN 新しい公共空間のつくりかた

PUBLIC DESIGN
新しい公共空間のつくりかた

資本主義の新しい姿を見つける




[団地を楽しむ教科書] 暮らしと。

[団地を楽しむ教科書]
暮らしと。

求めていた風景がここにあった




全国のR不動産

全国のR不動産:面白く
ローカルに住むためのガイド

住み方も働き方ももっと自由に




RePUBLIC 公共空間のリノベーション

RePUBLIC
公共空間のリノベーション

退屈な空間をわくわくする場所に






toolbox 家を編集するために

家づくりのアイデアカタログ






団地に住もう! 東京R不動産

団地の今と未来を楽しむヒント






だから、僕らはこの働き方を選
んだ 東京R不動産のフリーエー
ジェント・スタイル






都市をリノベーション

再生の鍵となる3つの手法






東京R不動産(文庫版)

物件と人が生み出すストーリー






東京R不動産2
(realtokyoestate)

7年分のエピソードを凝縮






「新しい郊外」の家
(RELAX REAL ESTATE LIBRARY)

房総の海辺で二拠点居住実験






東京R不動産

物件と人が生み出すストーリー






POST‐OFFICE―
ワークスペース改造計画

働き方の既成概念を変える本