更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



>>HEADLINEを見る



news 2011.12.20
 
団地R不動産、始めました。
馬場正尊(東京R不動産/Open A)
 

12/20、R不動産なりの視点で団地を再発見し、さらには住み方も提案していくサイト、「団地R不動産」が始まります!

※上の画像をクリックするとサイトに飛びます。

豊かな緑に囲まれた団地。
団地に住んでみたい、と思ったことはありませんか?
では、団地って一体どうやって住めばいいんだろう?
団地は普通の物件検索サイトにも載っていないぞ…。

僕らから見ると、団地には魅力的なポイントがたくさんある。
例えば、建物と建物の間隔があって、そこに豊かな緑が育っていたり、
敷地内に公園や保育園、小さな商店街などがあったり、
とにかく空間がゆったりしているのが特徴だ。
その魅力を、R不動産なりの視点で再発見しようというのがこのサイト。

団地の世界は、本当に奥深い。
1960-70年代にかけて、いかに合理的に、そして快適に住空間を供給できるかという視点でつくられている。

「多くの人に、いい空間を、リーズナブルに」という気持ちが空間に現れている。そのための試行錯誤が、いたるところに見え隠れするが興味深い。

ときには「オイオイ、これはやりすぎだろう」と言いたくなる部分もあるけれど、それも時代の愛嬌だろう。
結果的に、団地には数々の名作(迷作?)が生まれている。団地R不動産では、全国に散らばる「いい団地」を発掘し、紹介し、その借り方や住み方を提案していこうと思います。

実際、家賃が安い割りに空間が豊かで、住処の選択肢としては大アリだと思う。今まで、なぜ気づかなかったのだろう。

団地の形や立地には様々なタイプがあるんです。
団地を今、僕たちが眺めると、多少のノスタルジーを感じつつも、
そのシンプルなフォーマットは、うまく使えばかなり快適な住空間がつくれる。
スキがあるから、想像力の入り込む余地がある。それも団地に住むことの楽しさ。
同時に周辺環境をいかに楽しむか、味わうかも醍醐味かもしれない。
団地の世界は奥深い?

ちなみに…、
案外知られていませんが、団地は家賃が安いだけではなく、礼金がなかったり、保証人がいらなかったりと、意外な特典があったりします。

これから、日本じゅうのすばらしき団地を紹介していこうと思います。
もし、隠れたすばらしき団地があれば、情報お願いします。

しかし、ここはR不動産、物件の選定にはそれなりのこだわりがありますので、そこはご理解ください。

団地R不動産

関連コラム
 
おすすめコラム
 
カテゴリホーム
コラムカテゴリー
 
特徴 フリーワード
フリーワード検索
関連サービス
 
メールサービス
 
SNS
 
東京R不動産の本
 
公共R不動産のプロジェクトスタディ

公共R不動産の
プロジェクトスタディ

公民連携のしくみとデザイン




公共R不動産のプロジェクトスタディ

CREATIVE LOCAL
エリアリノベーション海外編

衰退の先のクリエイティブな風景




団地のはなし 〜彼女と団地の8つの物語〜

団地のはなし
〜彼女と団地の8つの物語〜

今を時めく女性たちが描く




エリアリノベーション 変化の構造とローカライズ

エリアリノベーション:
変化の構造とローカライズ

新たなエリア形成手法を探る




PUBLIC DESIGN 新しい公共空間のつくりかた

PUBLIC DESIGN
新しい公共空間のつくりかた

資本主義の新しい姿を見つける




[団地を楽しむ教科書] 暮らしと。

[団地を楽しむ教科書]
暮らしと。

求めていた風景がここにあった




全国のR不動産

全国のR不動産:面白く
ローカルに住むためのガイド

住み方も働き方ももっと自由に




RePUBLIC 公共空間のリノベーション

RePUBLIC
公共空間のリノベーション

退屈な空間をわくわくする場所に






toolbox 家を編集するために

家づくりのアイデアカタログ






団地に住もう! 東京R不動産

団地の今と未来を楽しむヒント






だから、僕らはこの働き方を選
んだ 東京R不動産のフリーエー
ジェント・スタイル






都市をリノベーション

再生の鍵となる3つの手法






東京R不動産(文庫版)

物件と人が生み出すストーリー






東京R不動産2
(realtokyoestate)

7年分のエピソードを凝縮






「新しい郊外」の家
(RELAX REAL ESTATE LIBRARY)

房総の海辺で二拠点居住実験






東京R不動産

物件と人が生み出すストーリー






POST‐OFFICE―
ワークスペース改造計画

働き方の既成概念を変える本