更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



>>HEADLINEを見る



news 2017.7.3
 
サーフィンと仕事を楽しむシェアオフィス「SUZUMINE」
馬場正尊(東京R不動産/Open A)
 

この時代ならではの新しい働き方。その一つとして「気楽な二拠点ワーク」を提案するシェアオフィスをつくりました。テーマは「Surf & Work」。僕らがエリアマネジメントで盛り上げようとしている外房の町、千葉県の一宮町に誕生です。7月8日には内覧会も開催します。

オリンピックのサーフィン会場、釣ヶ崎海岸。SUZUMINEがある千葉県の一宮町にある

早朝の海を独り占め

サーファーにとっては、すでに当たり前のことかもしれない。都心から車で1時間半、電車で1時間の千葉県一宮海岸一帯は、仕事や生活の場に近いサーフポイントだ。僕たちはこのエリアに、大きな可能性を感じている。

2020年、東京オリンピックのサーフィンの会場に選ばれたことも、この海がサーフィンに向いた波を供給することを証明してくれている。

「Surf & Work」
サーフィンと仕事のためのシェアオフィス「SUZUMINE」は、JR外房線「上総一ノ宮」駅から徒歩5分。店が並ぶ街道沿いにある。

こちらは朝一番の一宮海岸。SUZUMINEから自転車で15分。夏は海水浴場にもなる

この物件、例えばこんな使い方はどうだろう?

平日の夜、仕事を終えて東京駅から特急「わかしお」に乗り込む。1時間で上総一ノ宮駅に到着。SUZUMINEのダイニングで軽く一杯やってから、早めに就寝。翌朝、日の出と共に起きて海へ。

ボードラックを搭載した自転車で、ビーチまで15分程度。朝日を浴びながら、まだ人影のまばらな海で、のびのびとサーフィンを楽しむ。人が増え始める前の2時間は、ローカル気分で波を独り占めすることができる。

SUZUMINE 建物の一部を解体し、大きなウッドデッキのある中庭をつくった

日が少し高くなる頃にはSUZUMINEに戻る。外から直接アクセスできるシャワールームで、自分とボードの砂を落とし、バスルームへ。心地よい疲れの身体に、あったかいお湯が心地いい。

一息ついた後は、庭のウッドデッキで朝食。気持ちよい風が通り抜ける素朴な風景の中、気の合う仲間とリラックスした時間を過ごす。

仕事とサーフィンと、そして仲間たちとの理想的な関係。この物件を借りることでそれが手に入る。

個人のドロップインなら15,000円/月、法人が部屋単位で借りるなら40,000~55,000円/月。サテライトオフィスとして、ぜひ経費で落としてほしい。都心なら駐車場代ほどの金額だ。

名前の由来は、左がスズキさん、右がミネシマさんだったこと。二つの家をつないでSUZUMINEができた

仕事とサーフィンを両立させるために

この物件についてもう少し詳しく説明する。立地は上総一ノ宮駅から徒歩5分、街道沿いの木造の民家をリノベーションしている。

1階にはカフェが入る予定(募集中)。店の奥にはみんなのダイニングルームがあって、そこが中庭のウッドデッキとつながっている。さらに奥には仮眠室やバスルームがある。仕事の合間やサーフィンの後に、ちょっと休憩する場所だ。

共有のダイニングルーム。中庭のウッドデッキとつながっている

2階に上がると、シェアオフィス。いくつかのタイプの部屋がある。テラスに面した明るい部屋、PCワークに向いた暗めの部屋、個人のドロップインのためのデスクなどを、ワークスタイルによって選択することができる。

もちろん無線LANなど通信環境は整っているので、入居してすぐ仕事を始めることができる。ここ一宮を拠点にして、必要な時に東京へ出向いて仕事をするというスタイルがイメージできそうだ。

また逆に、東京に拠点があり、ここをサテライトオフィスと位置づけて、ちょっと仕事のモードを変えたいときの場所として使うこともできる。あるいは企業の福利厚生施設としてのワークスペース、という考え方もあるかもしれない。

仕事は固定した1カ所でやるよりも、時折モードや環境を変えた方が、効率が上がったり、思いがけないアイディアが浮かんだりする。そんな経験が、きっとあるはずだ。

廊下に長いカウンターを設けたフリーデスク席。上はバルコニー付きの明るい部屋

世の中では、働く環境に求められるものが大きく変わりつつある。今や家でもカフェでも、どこでも仕事をすることができるようになり、大企業にもテレワークやサテライトオフィスを導入するところが増え始めている。

そんな流れの一歩先に、人生をもっと豊かにしてくれるオフィスが想像できるのではないか。仕事と趣味や暮らしとの、新しい関係をつくってくれるようなワークスペース。

この一宮という場所が、その可能性を僕らに気付かせてくれた。

だからそのひとつの形として、今回はSurf & Workをテーマに「気楽な二拠点ワーク」みたいなものを提案してみたいと思ったのだ。

釣ヶ崎海岸には海を背景に玉前神社の鳥居が立っている。知る人ぞ知るパワースポットでもある(写真:saka_oym

7月8日に内覧会を開催

何はともあれ、まずはこの場所と空間を体験してもらおう、ということで7月8日に内覧会を開催することにした。予約不要なので、ふらっと遊びに来てください。

SUZUMINEの物件情報はこちらから。
もうひとつの拠点は、海を感じて - 房総R不動産
Surf & Work の台所 - 房総R不動産

SUZUMINE 内覧会

日時:2017年7月8日(土) 10:00~15:00
会場:SUZUMINE
住所:千葉県長生郡一宮町一宮2998-2 (MAP
参加方法:予約不要

関連コラム
 
おすすめコラム
 
カテゴリホーム
コラムカテゴリー
 
特徴 フリーワード
フリーワード検索
関連サービス
 
メールサービス
 
SNS
 
東京R不動産の本
 
公共R不動産のプロジェクトスタディ

公共R不動産の
プロジェクトスタディ

公民連携のしくみとデザイン




公共R不動産のプロジェクトスタディ

CREATIVE LOCAL
エリアリノベーション海外編

衰退の先のクリエイティブな風景




団地のはなし 〜彼女と団地の8つの物語〜

団地のはなし
〜彼女と団地の8つの物語〜

今を時めく女性たちが描く




エリアリノベーション 変化の構造とローカライズ

エリアリノベーション:
変化の構造とローカライズ

新たなエリア形成手法を探る




PUBLIC DESIGN 新しい公共空間のつくりかた

PUBLIC DESIGN
新しい公共空間のつくりかた

資本主義の新しい姿を見つける




[団地を楽しむ教科書] 暮らしと。

[団地を楽しむ教科書]
暮らしと。

求めていた風景がここにあった




全国のR不動産

全国のR不動産:面白く
ローカルに住むためのガイド

住み方も働き方ももっと自由に




RePUBLIC 公共空間のリノベーション

RePUBLIC
公共空間のリノベーション

退屈な空間をわくわくする場所に






toolbox 家を編集するために

家づくりのアイデアカタログ






団地に住もう! 東京R不動産

団地の今と未来を楽しむヒント






だから、僕らはこの働き方を選
んだ 東京R不動産のフリーエー
ジェント・スタイル






都市をリノベーション

再生の鍵となる3つの手法






東京R不動産(文庫版)

物件と人が生み出すストーリー






東京R不動産2
(realtokyoestate)

7年分のエピソードを凝縮






「新しい郊外」の家
(RELAX REAL ESTATE LIBRARY)

房総の海辺で二拠点居住実験






東京R不動産

物件と人が生み出すストーリー






POST‐OFFICE―
ワークスペース改造計画

働き方の既成概念を変える本