物件詳細情報
 

sale   住宅

窓の向こうは里山の森

 
価格:
2,980万円 (税込)
面積:
81.43㎡
    
所在地: 入間市小谷田
交通: 西武池袋線「仏子」駅 徒歩15分
管理費: 9,300円
修繕積立金: 17,420円

入間市にある加治丘陵という大きな里山に面したマンション。まるで別荘地にいるような景色を楽しめ、鳥のさえずりに癒されながらひとときを過ごせる一室です。


建物の敷地入口側は住宅地として形成されているのですが、このマンションの北西側には、加治丘陵の広大な緑。建物のエントランスを抜け共用廊下に出ると、世界が一変、秩父の山並みを見晴らせる景色が広がり圧巻です。


今回紹介するお部屋は、建物内の角に位置し、西側には窓いっぱいの緑を楽しめる区画です。


そして内装は、その景色を最大限楽しめるよう、心地の良い空間に仕上げられています。


まず、印象的だったのが窓の設計。マンションとなると替えることができない窓を、障子の内窓を設置することで、大きく印象を変えています。


緑に面する出窓の小窓は、あえて開口部を絞り、より景色を切り取るような形に。和室の脇の出窓のスペースは、大人が丸まって座れるくらいの広さが。そこに収まるとまるでツリーハウスの中にいるような気分で、緑を見ながら読書をしたり、面白いスペースとなってくれそうです。


リビングの大きな障子も圧巻です。バルコニーに面した4枚の引き戸を覆うように設置され、既存の窓の印象をカバーし、美しさを演出してくれています。そして幅の広い枠がつけられ、ちょっと腰をおろせるようなつくりに。


床は無垢材、壁は珪藻土が使われ、上品な空間に仕上がっています。


間取りは回遊性のある形になっており、障子の引き戸で軽やかに区画されています。戸を開けば、光と風が通り、広がりのある空間として使うこともできます。


リビングと北側の洋室の間にはモダンな和室。お布団を敷いて寝室として使ってもよし、ごろりとくつろぐ空間にしてもよしです。


北西側の洋室を寝室にしても、書斎のようにしてもいいです。バルコニーがこちら側にも付いていて、ここからは秩父の山並みを見下ろすような景色が楽しめます。


また玄関のつくりも特徴的。L字型の広いたたきは上品なタイル仕上げ。その玄関からオープンにつながる北東側のホールはまるで離れのような雰囲気。趣味のものを置く場所にしたり、遊び心のある空間として使ってもらえたら。


駅から建物までに道のりは一山登るという感じでなかなかの傾斜地ではありますが、毎日自然を感じられる環境。むしろ、駅まで歩けて電車通勤もできる立地にありながら、この大自然が楽しめるのは嬉しいなと。お買い物などは週末に車でというスタイルがいいかと思います。


緑いっぱいの気持ちいい環境にぴったりな、こだわりの空間がつくられ、癒し時間を堪能してもらえるかと。ぜひ内見にきて、体感してもらえたらと思います。