更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



>>HEADLINEを見る



物件詳細情報
 

  • 奇跡の場所!? (台東区浅草の物件) - 東京R不動産
    建物手前に広がるのが、春に桜が満開になる公園。現在は工事中
  • こちらが、ハンパない屋上。奥には隅田川とスカイツリー
    こちらが、ハンパない屋上。奥には隅田川とスカイツリー
  • キャッチボールできます
    キャッチボールできます
  • 1階部分。自動販売機くらいのところまで使えます。写真が切れてますが、左手には緑いっぱいの公園
    1階部分。自動販売機くらいのところまで使えます。写真が切れてますが、左手には緑いっぱいの公園
  • 天井高5m超え。中2階を造作しているため、これを撤去することでもっと広くなります
    天井高5m超え。中2階を造作しているため、これを撤去することでもっと広くなります
  • 手前の材木置き場は他テナントが使用中
    手前の材木置き場は他テナントが使用中
  • 4階は靴のショールーム
    4階は靴のショールーム
  • 3階は完全に倉庫利用
    3階は完全に倉庫利用
  • 少し手を入れるだけで良くなりそう
    少し手を入れるだけで良くなりそう
  • 屋上からの眺め
    屋上からの眺め
  • 屋上から寺院側を眺めるとこんな感じ。夏は緑が迫ってきそう
    屋上から寺院側を眺めるとこんな感じ。夏は緑が迫ってきそう
  • 工事が終われば、もっと良くなる
    工事が終われば、もっと良くなる
  • 寺院はこちら。右に立つ建物が物件
    寺院はこちら。右に立つ建物が物件
  • 目の前の公園
    目の前の公園

建物手前に広がるのが、春に桜が満開になる公園。現在は工事中

rent     オフィス その他
奇跡の場所!?
 
賃料:
220万円 (税込)
面積:
932.81㎡
        
所在地: 台東区浅草
交通: 銀座線「浅草」駅 徒歩11分
管理費: なし
敷金: 4ヶ月  礼金: 1ヶ月

北東側には春に桜が満開になる公園、南西側はもくもくした緑に包まれる立派な寺院、そして南東側には、目と鼻の先に隅田川とスカイツリーという、とんでもない立地に立つ渋いビルのご紹介です。


今回の募集範囲はほぼ一棟まるごとになりますが、一部他テナントが利用している状況。詳しくは図面をご確認ください。


この建物は材木屋の自社ビルとして建てられたため、なんと1階部分の天井高は5m超え。現在、中2階が造作されていますが、全て取っ払うことも可能です。


開口部が広く天井高もあり、おまけに公園に面しているため、この1階部分は相当なポテンシャルを秘めているのではないでしょうか。


自社ビルで使用していた時からある業務用エレベーターは、今でも現役で稼働中。エレベーターのない古ビルが多い中、これはうれしいです。


まず一気に屋上へ上がると、圧巻の眺めが広がっていました。眼下に広がる隅田川、迫り来る寺院の木々、果てしなく遠くまで抜けた景色。これには正直ど肝を抜かれました。


花火大会の時期は、ここに200人くらいは集まっていたんだとか。自分たちのオフィスにこんな屋上があったら、まず間違いなく自慢しますよね!


続いて室内へ下りると、これまた全く想像しなかった天井高3.5mの空間が現れます。


天井がすでに抜いてあって仕切りもほとんどなく、がらんどうになっています。


例えば、シンプルに照明と床だけ変えて、その他は白く塗装するだけでもかなり雰囲気が出そう。窓からはチラッと公園の緑や川が見えたりして、心地よい空間になりそうです。


用途は事務所やアトリエ、ショールームなど。現在は4階部分のみ靴のショールームになっています。


駅からは遠いのですが、やはりこのくらい離れなければ、この規模でこの環境が手に入ることあまりないでしょう。


正直、本当に奇跡的な立地だと思うんです。


このポテンシャルを生かして、素敵に使ってくれる方をぜひお待ちしています。


※入居可能日7月1日以降(下見は随時可能)




  
  
  
    

賃料 220万円(税込) 専有面積 932.81㎡
敷金  4ヶ月 礼金 1ヶ月
償却 なし 管理費  なし
所在地 台東区浅草
交通 銀座線「浅草」駅 徒歩11分
建物構造 鉄筋コンクリート造5階建て 所在階
築年 1977年 取引態様 媒介
設備
備考 定期借家契約(期間:3年/再契約:相談)/保証会社利用必須(初回保証料:賃料の1ヶ月分)/町会費月額1,000円/要火災保険契約
情報修正日時 2020年2月28日 情報更新予定日 2020年4月13日
※掲載の情報が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。