更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



>>HEADLINEを見る



物件詳細情報
 

  • パンと器の面影 (日野市百草の物件) - 東京R不動産
    2階LDK。木の温もりが感じられる空間
  • キッチンはステンレスでシンプルなデザイン
    キッチンはステンレスでシンプルなデザイン
  • 1階アトリエスペース。玄関とは別に出入り口があるので、来客対応も可能そう
    1階アトリエスペース。玄関とは別に出入り口があるので、来客対応も可能そう
  • アトリエスペースは二つあり、こちらは広めの部屋
    アトリエスペースは二つあり、こちらは広めの部屋
  • 経年変化でだんだん銀色になってきた外壁がいい感じ
    経年変化でだんだん銀色になってきた外壁がいい感じ
  • アトリエスペースの出入り口。雰囲気があります
    アトリエスペースの出入り口。雰囲気があります
  • 玄関。扉と外壁の色合いの違いがポイント
    玄関。扉と外壁の色合いの違いがポイント
  • 玄関を入ってすぐに雰囲気のある家だとわかるデザイン
    玄関を入ってすぐに雰囲気のある家だとわかるデザイン
  • 玄関脇の収納。靴などをしまうのに良さそう
    玄関脇の収納。靴などをしまうのに良さそう
  • 寝室はコンパクト
    寝室はコンパクト
  • ベランダに面した窓から入る光がいい感じ
    ベランダに面した窓から入る光がいい感じ
  • ひとつひとつ違う窓サッシ。鍵はねじ式
    ひとつひとつ違う窓サッシ。鍵はねじ式
  • 2階からの景色。隣の林が見えます
    2階からの景色。隣の林が見えます
  • 床、タイル、外壁、庭の飛び石、どれを取っても映えます
    床、タイル、外壁、庭の飛び石、どれを取っても映えます
  • 洗面所の建具もオーナーが集めたもののひとつ
    洗面所の建具もオーナーが集めたもののひとつ

2階LDK。木の温もりが感じられる空間

rent     住宅
パンと器の面影
 
賃料:
14万4,000円
面積:
79.01㎡
    
所在地: 日野市百草
交通: 京王線「聖蹟桜ヶ丘」駅 バス10分 「和田(多摩市)」バス停 徒歩10分/京王線「聖蹟桜ヶ丘」駅 徒歩25分
管理費: 賃料に含む
敷金: 2ヶ月  礼金: 1ヶ月

陶芸家のご主人とパン職人の奥さん。そのふたりの自宅兼工房だった家が、今回ご紹介の物件です。


駅からは歩きますが、周りに林や畑が多く、自然豊かで静かな環境。内も外も木を多用した家は、ご夫婦のように優しい雰囲気。途中まで工務店に建ててもらい、仕上げは自分たちで行ったとのことで、細部までこだわった様子がうかがえます。


家は2階建てで、1階には寝室とふたりのアトリエだったスペースが。部屋の広さだけではなく設備面もしっかりしています。特に電気は器を焼く窯が使えるように、容量が大きく設定してあります。


2階は水回りとLDK。梁が現しで天井が高く、開放的な空間です。特徴は、キッチンと洗面所のタイル、窓サッシと扉。タイルはご主人自らつくったもので、既製品にはない雰囲気があります。窓サッシや扉などの建具は、古道具屋などでコツコツ集めたもの。わざわざ窓枠を建具に合わせているそうです。


床は無垢フローリングで壁は漆喰(しっくい)と珪藻土(けいそうど)。肌が触れるところも質感の良い素材でつくられています。


オーナーのように住居兼工房・アトリエとして使用するのがしっくりくる、この家。駅から離れていますが、特急が停車する聖蹟桜ヶ丘駅発のバスが近くを通るので、通勤や買い物が不便というわけではないと思います。


ちなみに敷地内に駐車場はありますが、軽自動車などコンパクトな車用なので、車をお持ちの方はご注意ください。


ちょっとエリア外かもしれませんが、気になった方はぜひ!




  
  
  
  
   

賃料 14万4,000円 専有面積 79.01㎡
敷金  2ヶ月 礼金 1ヶ月
償却 なし 管理費  賃料に含む
所在地 日野市百草
交通 京王線「聖蹟桜ヶ丘」駅 バス10分 「和田(多摩市)」バス停 徒歩10分
京王線「聖蹟桜ヶ丘」駅 徒歩25分
京王線「聖蹟桜ヶ丘」駅 バス10分 「南百草」バス停 徒歩1分
京王線「百草園」駅 徒歩18分
建物構造 木造2階建て 所在階
築年 2010年 取引態様 媒介
設備 追いだき
備考 保証会社利用必須(初回保証料:月支払い総額の50%〜、更新料:年額10,000円〜)/喫煙者不可/店舗使用不可(ショールーム等は可)/エアコンは残置物扱い/要火災保険契約
情報修正日時 2020年2月18日 情報更新予定日 2020年4月13日
※掲載の情報が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。