更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



>>HEADLINEを見る



物件詳細情報
 

  • 劇的Before -南千住でDIY- (台東区橋場の物件) - 東京R不動産
    (B棟)床はモルタル土間ですがひび割れています
  • (B棟)土間の奥、床が一段上がったところにキッチン
    (B棟)土間の奥、床が一段上がったところにキッチン
  • (B棟)右側の扉がトイレです
    (B棟)右側の扉がトイレです
  • (B棟)特に雨漏りもなくそのまま住めそうなB棟2階
    (B棟)特に雨漏りもなくそのまま住めそうなB棟2階
  • (B棟)特に雨漏りもなくそのまま住めそうなB棟2階
    (B棟)特に雨漏りもなくそのまま住めそうなB棟2階
  • (B棟)特に雨漏りもなくそのまま住めそうなB棟2階
    (B棟)特に雨漏りもなくそのまま住めそうなB棟2階
  • (B棟)窓際にはサンルーム的スペースがあります
    (B棟)窓際にはサンルーム的スペースがあります
  • (B棟)窓際にはサンルーム的スペースがあります
    (B棟)窓際にはサンルーム的スペースがあります

(B棟)床はモルタル土間ですがひび割れています

rent     住宅 オフィス その他
劇的Before -南千住でDIY-
 
賃料:
8万9,000円
面積:
49.67㎡
   
所在地: 台東区橋場
交通: 日比谷線・常磐線・つくばエクスプレス「南千住」駅 徒歩16分/銀座線・都営浅草線「浅草」駅 徒歩25分
管理費: 9,000円
敷金: 1ヶ月  礼金: 1ヶ月

革製品の工場などの多い台東区橋場で、使いようによっては面白くなりそうなDIY戸建を募集します。


募集方法がまたユニークで、30万円を上限に改装費をオーナーさんが負担してくれるのに加えて、工具の無償貸与とオーナーさんご自身が週末返上でDIYを手伝ってくれるサポート付、という試みです。


もともとは革製品の工場として使われていたようですが、現状では浴室がありませんので、住居としてご利用になる場合は必要に応じてご自身でシャワーを設置していただくか、あるいは徒歩2〜3分に銭湯が2箇所ありますので、そちらをご利用いただく形になります。


内装の状態はそれなりに年季が入っており、和式トイレとキッチンできれば新しくしたい感じですが、2階は畳の表替えを最低限すれば住み始める分にはなんとかなりそう。


近隣商業地域ではあるものの、周辺は至って静かな環境で店舗もないので、アトリエ兼用住宅や、周辺に迷惑のかからないような物販などの小商い程度までならご相談できます(飲食が絡む用途は不可)。


南千住駅からは徒歩16分とかなり距離がありますが、なんとも想像力を刺激されるものがある戸建です。


R不動産が最近注力している、「不動産をホビー的に楽しもう!」という活動の中で知り合ったオーナーさんなのですが、すでに同様の試みでいくつかDIY戸建をサポートされてきた実績があり、工具も一通り貸し出してくれますのでご安心ください。


また、改装費補助は基本は30万円ですが、より改装を楽しみたい方には、改装費補助とフリーレントの合計額が50万円になるまで改装費補助を受けることができます(つまりフリーレントをなくして、改装費補助50万円を受けることも可能)。


本格的なDIYは初めてという方も歓迎ですので、素敵なAfterにしちゃって下さい。



◆住居以外の用途が混ざる場合、面積按分で算出した住居以外の用途部分の賃料、管理費に対して消費税が加算されます




  

賃料 8万9,000円 専有面積 49.67㎡
敷金  1ヶ月 礼金 1ヶ月
償却 1ヶ月 管理費  9,000円
所在地 台東区橋場
交通 日比谷線・常磐線・つくばエクスプレス「南千住」駅 徒歩16分
銀座線・都営浅草線「浅草」駅 徒歩25分
建物構造 木造2階建て 所在階
築年 1972年 取引態様 媒介
設備
備考 定期借家契約(期間:2年間/再契約:相談)/募集戸数:1戸/保証会社利用必須(初回保証委託料:月額賃料の1ヶ月分/年間保証料:契約後1年毎に10,000円)/無償での工具貸与、技術支援あり/フリーレント 2ヶ月/室内改装費用として貸主より最大30万円補助あり(フリーレントと改装費の合計最大50万円まで/2年未満での解約の場合、フリーレント2ヶ月分と改装補助費利用分の合計額を解約時にお支払いいただきます)/躯体に関わる部分以外改装可能(改装内容を事前に貸主から了承を受けることにより原状回復義務免除)/住居以外の用途でのご利用ご希望の方はご相談となります(飲食店舗不可)/要火災保険契約
情報修正日時 2019年8月23日 情報更新予定日 2019年11月27日
※掲載の情報が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。