更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



>>HEADLINEを見る



物件詳細情報
 

  • 目黒の静寂 建築家の自邸 (品川区上大崎の物件) - 東京R不動産
    この家最大の見せ場 リビング。 当時の住宅の域を超えた大空間です。
  • 片側は書斎。大きな引戸を開けダイナミックに繋がる。
    片側は書斎。大きな引戸を開けダイナミックに繋がる。
  • 右奥の扉の先が玄関につながります。
    右奥の扉の先が玄関につながります。
  • リビングを振り返ると暖炉、その奥には階段室。
    リビングを振り返ると暖炉、その奥には階段室。
  • もう片側にはダイニング。天井の曲面が美しい。
    もう片側にはダイニング。天井の曲面が美しい。
  • 背筋がぴんと伸びる空間。障子戸がどこまでも続く。
    背筋がぴんと伸びる空間。障子戸がどこまでも続く。
  • 書斎から庭を望む。天井の曲面がここにも。
    書斎から庭を望む。天井の曲面がここにも。
  • 大きな南庭はこの場所を長く見守ってきた木々に囲まれて。
    大きな南庭はこの場所を長く見守ってきた木々に囲まれて。
  • 緑が映える清々しく明るい玄関。
    緑が映える清々しく明るい玄関。
  • 1階 使用人室として使われてきたキッチン奥の6畳間。
    1階 使用人室として使われてきたキッチン奥の6畳間。
  • 1階 キッチンには裏庭を望める窓が。
    1階 キッチンには裏庭を望める窓が。
  • キッチンはコの字型で広々と展開しています。
    キッチンはコの字型で広々と展開しています。
  • キッチンから玄関方向を見渡す。
    キッチンから玄関方向を見渡す。
  • 公共建築の要素を感じる階段 ここから地下と2階へ。
    公共建築の要素を感じる階段 ここから地下と2階へ。
  • ドキッとするような地下の大部屋はゲストルームとして使われてきたようです。
    ドキッとするような地下の大部屋はゲストルームとして使われてきたようです。
  • この部屋にも暖炉があり、自然光が射し込みます。
    この部屋にも暖炉があり、自然光が射し込みます。
  • 時代を越えてこそ引き継げる魅惑の空間。
    時代を越えてこそ引き継げる魅惑の空間。
  • 左側、棚と棚の間にあるドアの先には書庫が潜む。
    左側、棚と棚の間にあるドアの先には書庫が潜む。
  • 2階 庭を望む寝室 照明は障子に合わせて。
    2階 庭を望む寝室 照明は障子に合わせて。
  • 2階 衣装室はクローゼットと引き出しが両壁面にずらり。
    2階 衣装室はクローゼットと引き出しが両壁面にずらり。
  • 2階 海外式のトイレ一体型バスルーム。
    2階 海外式のトイレ一体型バスルーム。
  • 2階 中央の6帖和室。どこにいても緑を感じる。
    2階 中央の6帖和室。どこにいても緑を感じる。
  • 2階 炉が切ってある茶室は大きな床の間付き。
    2階 炉が切ってある茶室は大きな床の間付き。
  • 2階の廊下から坪庭に出ると屋上へ。
    2階の廊下から坪庭に出ると屋上へ。
  • 目黒の住宅街がフレームに切り取られる。
    目黒の住宅街がフレームに切り取られる。
  • 屋上は経年変化が味わい深く、見晴らし良好です。
    屋上は経年変化が味わい深く、見晴らし良好です。
  • BBQに日光浴に読書など、周囲からの視線は気にしない者勝ち!
    BBQに日光浴に読書など、周囲からの視線は気にしない者勝ち!
  • 階段を下りて再び坪庭に。
    階段を下りて再び坪庭に。
  • 小さいけど緑もりもり 正面のガラス窓の先は。
    小さいけど緑もりもり 正面のガラス窓の先は。
  • 2階 坪庭を望む美しい檜風呂でした。
    2階 坪庭を望む美しい檜風呂でした。
  • 2階 檜風呂と隣り合った洗面所。
    2階 檜風呂と隣り合った洗面所。
  • 赤みがかったコンクリートに温もりを感じる外観。
    赤みがかったコンクリートに温もりを感じる外観。

この家最大の見せ場 リビング。 当時の住宅の域を超えた大空間です。

rent   NEW 住宅
目黒の静寂 建築家の自邸
 
賃料:
180万円
面積:
456.8㎡
      
所在地: 品川区上大崎
交通: 山手線「目黒」駅 徒歩5分
管理費: 賃料に含む
敷金: 3ヶ月  礼金: 1ヶ月

目黒駅すぐそばの立地にして、贅沢にも思える静けさと、豊かな庭と緑に包まれ、心落ち着かせゆったりと寛げる邸宅に出会いました。


建築家・前川國男が愛する妻のために建てた、終の住処。

公共建築を中心に手掛けてきた前川の数少ない住宅作品という意味で貴重な上に、自邸としての試行錯誤や70年代ここで流れた時間から、時を超えて住み継ぐ楽しさは格別な体験に思えます。


やわらかで温もりのある赤みがかった外観は、べんがらという顔料を混ぜたコンクリートで造られ、リビングを中心とするダイナミックな空間構成は、住宅の域を超え公共建築に通ずる新鮮さがありました。


1階は南庭に向かって中央にリビング、左側にダイニング、右側に暖炉のある書斎があり、天井高はなんと3メートル!この3つの空間は巨大な引戸で仕切ることもでき、繋げれば間口14メートルほどの大空間になり、ちょっとした美術館のよう。庭に面した障子窓が切れ目なく一列に連なる様子と、障子窓を開けて愛でる庭の眺め、そのいずれもが美しく映える空間です。1階にはほかに使用人室とキッチン、2に階は主寝室と茶室、地下には魅惑のゲストルームや多くの収納が控えています。


設備の面では全館空調に始まり、地下の食料庫からキッチンへのダムウェイター、モダンな暖炉が3ヶ所にシャワーが4ヶ所と、当時ならずとも驚きの配備がなされた住宅らしからぬ建築。時を経て工夫をしながらの使用が必要になってきますが(現在暖炉は使用不可)、これまでは長い間、外国人向け住宅として賃貸されてきました。


リビングの前に広がった大きな庭以外にも、2階には小さな坪庭があり、さらに上には目黒を一望できる広い屋上まで待機しています。当時とは違い近隣に高層マンションなどが建ったことで、屋上は人によって周囲が多少気になるかもしれませんが、この開放感はきっと楽しんだ者勝ち! BBQなど人を招くきっかけにもなりそうです。


いまこの広さをフル稼働させられる家族形態は少ないと思いますが、住宅をメインにした使用であれば一部事務所としての兼用も相談はしてみるつもりです。静けさの中、大らかな空間でじっくり自由な発想を膨らませ、外に出れば少なからず刺激も得られる町。この環境が稀有であることは、容易に想像してもらえるのではないでしょうか。


全てを説明し尽くすのはなんとも難しい家ですが、住み継ぐ楽しみと建築への愛をお持ちの方に、またとない時間を過ごしてほしいです。




  
  
  
  
  
  
  
  
  

賃料 180万円 専有面積 456.8㎡
敷金  3ヶ月 礼金 1ヶ月
償却 なし 管理費  賃料に含む
所在地 品川区上大崎
交通 山手線「目黒」駅 徒歩5分
建物構造 鉄筋コンクリート造地下1階付き2階建て 所在階
築年 1974年 取引態様 媒介
設備 セントラルエアコン/床暖房/食洗機/駐車場1台付き
備考 ペット相談可/更新料なし/要火災保険契約
情報修正日時 2019年7月11日 情報更新予定日 2019年8月4日
※掲載の情報が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。