更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



物件詳細情報
 

  • 風と光を求めて (世田谷区下馬の物件) - 東京R不動産
    バルコニーからの差し込む光が気持ちいい
  • 窓を開けると風が抜けていく
    窓を開けると風が抜けていく
  • バルコニーにゆとりがあり空間が広く感じる
    バルコニーにゆとりがあり空間が広く感じる
  • LDK側のバルコニーからの眺め
    LDK側のバルコニーからの眺め
  • 全103戸の分譲マンション
    全103戸の分譲マンション
  • 落ち着ける空間
    落ち着ける空間
  • 奥がリビングスペース
    奥がリビングスペース
  • 柔らかい光が部屋の奥まで届く
    柔らかい光が部屋の奥まで届く
  • 北側の洋室。こちらにはエアコンが増設できませんのでご注意を
    北側の洋室。こちらにはエアコンが増設できませんのでご注意を
  • ゆったりとしたバルコニー
    ゆったりとしたバルコニー
  • 南側洋室の収納。扉だけ新建材に交換されている
    南側洋室の収納。扉だけ新建材に交換されている
  • 北側洋室の収納。こちらはふすま仕様
    北側洋室の収納。こちらはふすま仕様
  • キッチンはL字型
    キッチンはL字型
  • サニタリー。洗面の奥がトイレ
    サニタリー。洗面の奥がトイレ
  • 追いだき付き
    追いだき付き
  • ウォシュレット付き
    ウォシュレット付き
  • 無駄のない玄関スペース
    無駄のない玄関スペース
  • 共用部
    共用部
  • エントランス
    エントランス
  • エントランスも広々としている
    エントランスも広々としている
  • ゆったりとした敷地内には手入れが行き届いた植栽たち
    ゆったりとした敷地内には手入れが行き届いた植栽たち

バルコニーからの差し込む光が気持ちいい

rent   NEW 住宅
風と光を求めて
 
賃料:
17万5,000円
面積:
59.3㎡
 
所在地: 世田谷区下馬
交通: 東急東横線「学芸大学」駅 徒歩7分
管理費: 5,000円
敷金: 1ヶ月  礼金: なし

風と光を感じられる気持ちの良い部屋。目黒区で最も古い公園の一つ「碑文谷公園」にほど近い環境も魅力です。


3枚の掃き出し窓から差し込む光が心地よい15畳のLDKは、四角くデッドスペースがほとんどない、自由度の高い空間です。東側の6畳の洋室ふたつもゆったりとしたバルコニーと、奥行きのある収納付きで使い勝手が良さそう。


おすすめは、ゆったり一人暮らしから、3人くらいのファミリーまで。リモートワーク需要が増えている昨今、ご夫婦ともに自宅での作業というかたも多いので、ゆったりとしたリビングと個室がふたつという間取りも、重宝されそうなポイント。


どの空間もバルコニーに面していて、外にはゆったりとした敷地内の緑や、車通りの少ない道を挟んで、この部屋と同じ高さの建物が広がってます。広い空からの日が白い壁面に反射して、やわらかい光で空間が満たされています。


味が出たフローリングの床は、表面こそ悪くない雰囲気ですが、フカフカしたふみ心地なのでここは好みが分かれるところかと。扉などレトロなものと、新建材が混じっています。


L字のキッチンスペースも広々、お風呂は追いだき機能付き、トイレはウォシュレット。どれも最新式ではありませんが、ちゃんと気が使われた、清潔感がある水まわりです。


玄関スペースは両側に収納があるため、スニーカーが大好きなかたもガンガンつっこんじゃいましょう。


学芸大学駅からの距離感もいい具合。活気ある商店街と、おしゃれな店舗が同居するエリアで、人をひきつける豊かな環境も、魅力のひとつです。


この街も、空間も。楽しみながらお使いいただけたら。




  
  
  
  
  
    

賃料 17万5,000円 専有面積 59.3㎡
敷金  1ヶ月 礼金 なし
償却 なし 管理費  5,000円
所在地 世田谷区下馬
交通 東急東横線「学芸大学」駅 徒歩7分
建物構造 鉄骨鉄筋コンクリート造12階建て 所在階 3階
築年 1972年 取引態様 媒介
設備 エアコン/ウォシュレット/追いだき
備考 保証会社利用必須(初回保証料:月支払い総額の50%、更新料:年額10,000円)/鍵交換費用:22,000円~/24時間サポート:16,500円/駐輪場空きあり(月額3,000円)/駐車場空きなし(月額22,000円)/バイク置き場空きなし(月額5,000円)/要火災保険契約
情報修正日時 2020年10月13日 情報更新予定日 2020年11月5日
※掲載の情報が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。