一歩足を踏み入れれば昭和にタイムスリップ! 六本木の真ん中にひっそりと残っていた小さな平屋が、昭和の趣きをそのまま活かしたハウススタジオになった。

今回取材させていただいたスタジオ「六本木倶楽部」を運営する中村明彦さん。

ここ数年間の再開発で変貌を遂げている六本木。この街のど真ん中、現在工事中の高層ビルのすぐ足元に、平屋の日本家屋がちょこなんと残っている。以前「粘る平屋」というタイトルで募集していた物件だ。

昔ながらのコの字型の平屋。
廊下。足元にも採光のための障子が嵌められている。

築年数はおよそ50年。1年ほど前までは、老夫婦がひっそりと暮らしていたらしい。少し焼けた畳敷きの部屋、いい具合に使い込まれた廊下、素朴な欄間や襖、障子を通して差し込む柔らかい光、小さな庭を眺められる縁側、色あせた天井板......。玄関の引き戸をカラカラとあけると、思わず「ただいま」と言ってしまいそうになるような、どこか懐かしい昭和の空気を残した空間が出迎えてくれる。

かつてはこの一帯にも、こういった平屋の民家がたくさんあったと聞くが、今ではもうほとんどお目にかかることはできない。現オーナーさんは、いずれこの「土地」を転売する前提でこの古家付き土地を取得したのだが、売るまでの期間、放置しておくのももったいないので、定期借家3年を条件に貸しに出すことにした、ということらしい。つまり、残念ながらいずれは取り壊されてしまう運命にある家なのだ。

築年数が古くそれなりに傷んでいること、定期借家3年であること、そして目の前が工事中で音の問題があるということで、このエリアでは割安の家賃設定だが、住居として貸すのは少々難しい物件だった。この物件を担当したR不動産のメンバーいわく、お問合せをくださったのは、ほとんどがスタジオ業を営む方からだったという。

そんな経緯を経て、この小さな民家は、取り壊されるまでの3年間、ハウススタジオ「六本木倶楽部」としてオープンすることになった。

<< 毎日が合宿気分なイエオフィス
東京のヒガシでお茶をいっぷく >>