更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



>>HEADLINEを見る



物件詳細情報
 

  • リビングにツタが這う! 楽しげで力の抜けた暮らしが何よりのお手本に
  • 遠くまで澄み渡る青空に心が洗われます
  • 東南西と三方に窓があり眺めよし
  • いやってほど明るくてハッピーオーラいっぱいの家
  • 持込家具でかわいらしく整理されたレトロキッチン
  • 右手に見える入口はキッチン前の洋室
  • 白地の空間にパーケットフローリングがうれしい
  • キッチン前の洋室 いまは趣味と収納のスペース
  • 玄関側の洋室 いまは家族みんなの寝床に
  • ゆったり廊下にはスニーカーコレクションが!
  • 玄関から部屋が丸見えにならないつくり
  • 床は細かなタイル張りです
  • こちらもタイル張りのレトロなバスルーム
  • シャワーカーテンの手前で洗面&洗濯&脱衣を
  • キッチンを通った先にリビングが待ち受けます
  • 窓際につくられたデスクコーナーがかなりツボ!
  • バルコニーからは緑の借景が愛でられます
  • 弦巻の落ち着いた住宅街
  • お日様に向かって伸びたかのようなマンション

リビングにツタが這う! 楽しげで力の抜けた暮らしが何よりのお手本に

sale     住宅
ハッピーオーラをまとう家
 
価格:
3,980万円
面積:
64.69㎡
   
所在地: 世田谷区弦巻
交通: 東急田園都市線「桜新町」駅 徒歩13分/世田谷線「上町」駅 徒歩9分
管理費: 14,251円
修繕積立金: 20,829円

足を踏み入れた瞬間、「楽しげな家ですねー」と発してました。

入居中の家からは、隠しようもなく感じ取れる楽しさがあって、ゆるっといいムードのご夫婦の笑顔に迎えられ、とどめのノックアウト!


家族5人、きっとみんながこの家を大好きで、日々を楽しみながら仲よく暮らしているんだろうなと。そんなワクワクが先に伝染してきたら、部屋がどうこうも大事だけれど、この家族から引き継ぎたいって気持ちのほうが強くなってくるからふしぎなもの。縁を感じるってやつです。


と言いながら、部屋のほうも力の抜けたいい感じ。ツタが絡まる緑いっぱいのリビングをはじめ、現状はオリジナリティ溢れるすてきな空間になっていますが、よくよく見ると実は置いてあるもので彩られているだけ。いまある物が全てなくなると、内装はかなりシンプルな箱です。


白地+パーケットフローリングの組み合わせは、違うテイストで彩っても映えるでしょうし、リノベで少し手を加えるにしても、ありがたく都合のよい下地に思えます。おまけに、入居中のこの風景を見せてもらった意味はとても大きく、暮らし方のイメージがリアルに描けます。


さらなるご褒美は、ご覧の日当たりと見晴らし! 元気の源はやっぱりこれでしょう。リビングを囲む東南西三方向の窓のおかげで、日の出から日の入りまで一日中たっぷりと光を浴び、借景の木々に季節を感じられる環境がたまりません。人目も気にならないのでカーテンいらず。


桜新町駅からは穏やかな住宅街を歩くこと10分ちょっと。区内では人気がある松丘小学校の学区内だそうで、馬事公苑が近く、二子玉や多摩川にも自転車で遊びに行ける距離感です。ご家族はもちろん、ディンクスやひとり暮らしでも、不便がなく暮らしやすい立地だと思います。


一方で人によって気になるかもしれない点は、築48年のマンションであることや、バストイレキッチンの水まわりは極めて簡素な仕様なので、気になる方は改造を検討する必要があることなど。


この空間とご家族がまとうハッピーオーラに何より魅かれ、購入検討中の知り合いがいれば、直接紹介したいなと本気で思ってしまった家。

運よくバトンをつないでくれる方の登場を、心待ちにしています。


※引き渡しは、2019年2月以降



  
  
  
  
   

価格 3,980万円 専有面積 64.69㎡
管理費  14,251円 修繕積立金 20,829円
所在地 世田谷区弦巻
交通 東急田園都市線「桜新町」駅 徒歩13分
世田谷線「上町」駅 徒歩9分
建物構造 鉄筋コンクリート造7階建て 所在階 6階
築年 1970年 土地権利 所有権
面積   都市計画 市街化区域
用途地域 第一種低層住居専用地域 建蔽率/容積率 60%/150%
その他費用 組合費:600円 取引態様 媒介
設備 エレベーター
備考 分譲会社:株式会社日本宅研/施工会社:株式会社大末組/管理会社:日本ハウズイング株式会社/管理形態:全部委託/総戸数:49戸/現況:居住中/引渡時期:相談 2019年2月以降
情報修正日時 2018年11月22日 情報更新予定日 2018年12月28日
※掲載の情報が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。