更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



>>HEADLINEを見る



物件詳細情報
 

  • 専用のルーフバルコニーがたっぷり使えるぜいたくなつくり。こちらは9階のルーフバルコニー。
  • 区画の中央にある吹き抜け。窓が多く気持ちいい。
  • 8階のルーフバルコニー。ウッドデッキの撤去、防水の工事はオーナーの費用負で行う予定。
  • 9階の屋上からの眺め。運河ビュー。
  • リビング。トップライトや吹き抜けのホールとつながるつくりのおかげで明るい。左手の窓からは運河が見える。
  • 今回の区画のエレベーターホール。エレベーターは2基ある。
  • ゆったりとした玄関。入ってすぐにルーフバルコニーが見え明るく気持ちいい。
  • ゆったりとした玄関ホール。壁紙は猫の引っかき傷が無数にある状態。オーナーの費用負担のもと剥がして引き渡せる。
  • 8階の東側の洋室。正面の壁を壊し、奥の和室とつなげれば、54㎡ほどの空間がつくれる。
  • 8階東側の和室。
  • 東側の眺望。
  • 8階ラウンジスペース。床がレンガでサンルームのような印象。
  • 窓も多く気持ちよい。
  • リビング。右手にあるのは薪ストーブ。ラウンジとつながるようなつくりで開放的。
  • 西側の眺望。
  • キッチン。解体して、リビング部分とつなげて広い一室をつくってもいい。コンロはきれいなので再利用できるかも。
  • 西側和室。
  • 豪華は板張りのお風呂。実際見るとかなりの使用感。
  • 8階ルーフバルコニー。左手にあるウッドフェンスは撤去予定。そうするとかなり広く使える。
  • 9階。階段を上がった部分に扉、手すりの部分に窓をオーナー負担で取り付ける。
  • 9階西側の洋室。ここから9階のルーフバルコニーに出られる。
  • トップライトの三角がかわいい。屋上の防水工事をオーナーが行う予定。
  • 9階南西の部屋。窓が多く気持ちよい。結構な使用感。
  • 9階南の部屋。正面の壁と右手の壁を解体すると広い空間として使える。
  • 9階洗面。
  • 9階お手洗い。
  • 1階エレベーターホール。
  • エントランス。
  • 外観。緑のタイル。

専用のルーフバルコニーがたっぷり使えるぜいたくなつくり。こちらは9階のルーフバルコニー。

rent     オフィス
ペントハウスを化けさせろ!
 
賃料:
75万6,000円 (税込)
面積:
335㎡
    
所在地: 江東区塩浜
交通: 東西線「木場」駅 徒歩13分/有楽町線・ゆりかもめ「豊洲」駅 徒歩19分/京葉線「越中島」駅 徒歩18分
管理費: なし
敷金: 4ヶ月  礼金: なし

リバーサイドのビルのペントハウス。この空間を改装してみませんか?


もともとオーナーの住戸として使われてきた個性的な仕様のメゾネット区画。川が眺められる約90㎡の大きなルーフバルコニー、吹き抜けのラウンジなど、開放的で気持ちいいつくりです。


室内はかなりの使用感。壁には猫の引っかき傷が無数にあったり、壁に穴があいていたりするので、そのままで使うのは難しそう。


ただ貸主の費用負担のもと、スケルトンにして引き渡しができます。一部の壁の撤去も貸主負担でおこなえます。掲載している参考プランのように、大きな区画をつくることが可能です。


設備・仕上げに関しては入居者の費用負担で工事が必要ですが、その代わりフリーレントが3ヶ月付きます。また事前に承諾を得た部分に関して、退去時の原状回復が免除になります。


自分たちで空間をつくっていきたい方には良さそうな条件。なるべく既存の区画や設備、仕上げを生かし、コストをおさえてリノベーションするのもいいと思います。


なお撮影スタジオでの利用も可能です。吹き抜けやルーフバルコニーが活躍しそう。


建物は運送会社の事務所やその倉庫、オフィステナントが利用しています。地下の駐車場には10台の空きがあります。


立地は木場駅から深川ギャザリアを通り、運河を越えた先。すこし駅から歩きます。



  
  
  
  
  
  
  
  
   

賃料 75万6,000円(税込) 専有面積 335㎡
敷金  4ヶ月 礼金 なし
償却 なし 管理費  なし
所在地 江東区塩浜
交通 東西線「木場」駅 徒歩13分
有楽町線・ゆりかもめ「豊洲」駅 徒歩19分
京葉線「越中島」駅 徒歩18分
建物構造 鉄筋コンクリート造9階建て 所在階 8~9階
築年 1993年 取引態様 媒介
設備 エレベーター
備考 フリーレント3ヶ月/駐車場空きあり(税込月額32,400円)/要火災保険契約
情報修正日時 2018年5月30日 情報更新予定日 2018年7月8日
※掲載の情報が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。