更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



>>HEADLINEを見る



物件詳細情報
 

  • ※写真はすべて前回募集時のものです(メインスペースとなるリビング)
  • 頭上から光が差し込むことで厳かな気持ちになるリビング
  • 美術館か教会か!?という感じでかなり目立ちます
rent     住宅
碑文谷ラビリンス
 
賃料: 45万円
面積: 187㎡
  
所在地: 目黒区碑文谷
交通: 東急東横線「学芸大学」駅 徒歩16分
管理費: なし
敷金: 2ヶ月  礼金: 1ヶ月

サレジオ教会近くにドシッと構える、コンクリートの塊のような要塞系テラスハウスをご存知でしょうか?


外から見ている限りは、住居というより教会か美術館に見える、全5棟からなるこの物件ですが、実は10年程前から空室が出る度にR不動産のクリエイティブな感性をお持ちのお客様に住み継いで頂いている密かな人気物件です。


後に代表作である二期倶楽部で有名になった建築家、渡辺明氏による二期倶楽部前の作品であるこの物件は、「ラビリンス」というタイトルが示す通り、一周しただけでは作りが把握できないユニークな間取りになっています。


僕の解釈で説明すると、全部で5層に分かれていて、0.5階(つまり半地下)がキッチンとダイニング、1階がリビング、1.5階が子供部屋2つ、2階が主寝室、2.5階にもう1つ大きめな寝室とルーフテラス、という5層構造になっています。


1階リビングは20帖の広さに天高3.5m程度という圧巻のスケール感で、かなり高さのある植栽を置いても圧迫感がありません。またコンクリートに囲まれた空間ですが、窓の先に見える緑が無機質さを程よく中和してくれます。


この建築の特徴は光の差し込み方です。各部屋とも、あえて窓を大きく取るのではなく、あまり目に触れない位置に設けられたトップライトから光を採り込んでいるため、明るいのに外に対して閉ざしているという不思議なプライベート感覚があります。


また上からの光というのは、教会建築にみられるように空間に荘厳な雰囲気を与えるようで、空間全体に凛とした感覚を与えてくれています。


半地下のダイニングキッチンだけは直接の光が入りにくい場所ですが、逆に、こもるような感覚が、食事をともにする人たちを親密な気分にさせてくれる効果があるような気がして、居心地の良い空間です。


なお、学芸大学駅から徒歩だとだいぶ距離がありますが、物件から徒歩4分のバス停からは目黒駅方面に通勤時間帯は1時間あたり22本、日中でも11本とかなりの本数出ていますので、バス経由の目黒駅利用が便利かと思います。


最後に、僕なりにR不動産のクリエイティブなお客様にこの物件を気に入って頂ける理由を考えてみたのですが。


この価格帯で探す他の物件となるといわゆる外資系企業のエグゼクティブ向け物件、みたいな高級さをアピールした物件になると思うのですが、そうじゃなくて、せっかくこのくらいの賃料を出すのならもっと建物にこだわりたい、という層に刺さる物件なんだと思っています。


実際、うちで扱わせて頂く物件の中でもかなり特殊な建物で、他と比較するのが難しい物件なので、好き嫌いははっきり分かれる気がしますが、普通な物件では物足りない方には一度ご覧頂けたらと思います。


◆同じ間取りの建物が連続するテラスハウスですが、各住戸は独立しており隣の棟とは壁を接しておらず、戸建が複数並んでいるイメージです




頭上から光が差し込むことで厳かな気持ちになるリビング
美術館か教会か!?という感じでかなり目立ちます
  
  
  

担当:ムロタ
 
賃料 45万円 専有面積 187㎡
敷金  2ヶ月 礼金 1ヶ月
償却 なし 管理費  なし
所在地 目黒区碑文谷
交通 東急東横線「学芸大学」駅 徒歩16分
建物構造 鉄筋コンクリート造地下2階付き 所在階
築年 1981年 取引態様 媒介
設備 エアコン/IHコンロ/食器洗浄機
備考 ペット相談可 犬のみ相談可/オール電化/保証会社利用必須(初回保証料:月額賃料の1ヶ月分、年間保証料:ご契約後1年ごとに1万円)/ペット飼育相談可(犬のみ)/住居兼事務所相談(賃料に消費税が加算、住居を兼ねない事務所や不特定多数の来客のある業種は不可、住居としてお住いになる方以外のスタッフの出入りもある場合は内容によってご相談)/駐車場1台分(賃料に含む/大型車、ハイルーフ車可)/要火災保険契約
情報修正日時 2017年5月25日 情報更新予定日 2017年7月11日
  ※掲載の情報が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。